2013年3月17日
中央アルプス



笑顔が集う・・・


PHOTO GALLERY


菅の台バスセンターには滝好きの面々。集まったのは、たっくんさん、ちさとさん、はんぺんさん、もとなかさん、ゆかさんというコアな滝屋と彗星のごとく現れたpamuさん、そして嫁さんと私の八人。本当に良い天気にみんな嬉しそう。



バスに揺られて、しらび平から飛び立てば、たちまち2612mの千畳敷。青い空と白い雪面、大きな眺めが爽快。こんなことがあっていいのだろうかという感じでロープウェイ様々。





乗越浄土へと向かう人々は、まるで蟻の行列。我々も最後尾付近で追いかける。







傾斜が強くなり、雪崩を警戒して周りの雪面を注意深く見ながら歩くが、よく分からないのが本音。冬靴を履いた足がやはり痛く、ちょっと苦しみながらも乗越へと乗っかった。











伊那前岳、中岳へと穏やかな稜線が伸び、宝剣が鋭い頂を威圧的に突き上げている。大きく広がる澄んだ空は、どこまでも碧く、まるで直ぐそこにあるかのようだ。











ゆっくりした後は、中岳へと気持ちの良い歩み。







中岳からの眺めは、木曽駒に登るまでも無く、一番良いのではと思えてくる。北アのような峰々の連なりにはかけるが、アルペンムードに満ちていて素晴らしい。











中岳から鞍部へと降っていくと、少し風が出てきたのか寒くなってくる。





ジャケットを着込んで最後の登りをヨイショヨイショ、相変わらず冴え渡る空に向かって飛び出していく。











ハイテンションで登り着いた山頂は、大きな大きな眺めが広がり、その眺めに負けないような大きく明るい笑い声が木霊した。















下山も滑落停止の練習をしながらワイワイと、適度な傾斜と雪質で、よく滑りよく止まり、これまた気持ちが良い。もとなかさんが、良いショットを撮ってくれた。









乗越浄土付近の小さな小屋のあるところへとショートカットで下降し、ランチタイム。天狗荘、宝剣山荘でもなさそうなこの小屋は何だろう。





腹が大きくなった後は、ちょっとだけでもと簡単には登れそうに無い宝剣に近付いてみる。





カールへと下降して行くみんなの姿が、何ともユニーク。



大きなカールの一カ所に集まるみんなの姿は、とても絵になる風景。



何故か輪にならずに横一列な視線の先には、南アの稜線がずらりと並ぶ。それは、大自然を愛するが故の自然な隊列だったのかもしれない。

そんな素敵な仲間達との素敵すぎる雪山ハイクだった。



たっくんさん、ちさとさん、pamuさん、はんぺんさん、もとなかさん、ゆかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-G5
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

SONY NEX-6
E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

Canon PowerShot S95