2013年4月27日
和田川 鳴谷



気分爽快・・・


PHOTO GALLERY


さあゴールデンウィーク、仕事が終わって紀伊半島へと爆走。目指すは、道の駅熊野きのくに。ところが、途中で「道の駅熊野川で待ってます。」と連絡が入る。

ん〜遠いなあ。でも、どこまでも行きますよ〜と新宮まで走って、折り返して北上、やっとやっと到着。そして、寝たと思ったら、直ぐに「おはようございま〜す。」と声がかかり、あっきーさん、はんぺんさん、WATAさんの元気な面々とご挨拶、今年も紀伊半島滝巡りの始まり。

鳴谷は、遡行するとなると難度が高いポイントがあり、右岸上に走る尾根を辿って下降する予定。目星を付けたとことから藪を漕いで尾根に乗り上げると、明瞭な踏み後が続いている。



P671から東西に走る尾根を東にとり、滝頭へと歩いて行く。三人は、昨日から行動していて、摺子谷が水量豊富で素晴らしかったらしく、今日の鳴谷も絶対いいと、期待感十分。

情報では、落口近くを杣道が通るとなっていたが、それは尾根を抉ってつけられていてびっくり。



地形図で確認したポイントを探し、下へと続くルンゼに入って下降開始。



しばらくは、広くて斜度もそれほどではなかったが、両壁とも立ってきて、ごくごく狭い一点へと導かれていく。

30mロープをダブルでかけて懸垂下降、ロープ一杯ぎりぎりで平坦な所へ着地。下の方の壁が抉れていて、登り返しを心配したが、案の定、帰りは、ちょっと大変だった。



鳴谷に降りると大滝も近いはずだが、ちょっと越えにくい小滝が現れる。あっきーさんが、右岸を空身で越えてロープを垂らしてくれるが、帰りは左岸を巻くと簡単だった。



そして、前方に高い壁と白い噴射が見えてきて、大歓声。



滝前に出てみると、たっぶり注ぐ光を浴びて、最高のコンディションと眺め。高く聳える壁の上から滑り落ちる水が、これでもかというほどに輝かしく爽快。





美しい滝壺に吸い込まれていく姿を見ていると、ああ〜紀伊の滝だと、感慨も一入。折しも新緑に包まれる美しい頃、今シーズンの滝開幕を素晴らしい滝との出会いが飾ってくれた。







久しぶりに、水という命の源を全身で感じ、雑念から解放された気がする。そんな清々しい気分のままいつまでも滝を見上げていたかった・・・

あっきーさん、はんぺんさん、WATAさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-G5
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT4