2008年10月25日

奈良県 上北山村 東の川 シオカラ谷 

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]

 

絶景…

 

 

大台ケ原ドライブウェイに入ってしばらくすると一面の霧に覆われてきた。直前しか見えないのでとろとろ走りだ。今日は、自宅を1時30分に出て、久しぶりの真夜中のドライブ、駐車場が一杯になるらしいので早く出てきたが、さすがに車は一台も走っていない。濡れた落ち葉の積もる道をどんどん上って行くと、やがて霧が晴れてきて駐車場に到着。多くの車が停まっているが、みんな寝てるのか非常に静かだ。空いている場所に停めて外に出ると空には星が輝き、いやがうえにも期待感が高まってくる。でも、かなり寒いので車に入ってシュラフをかぶった。

 

気がつくと、もう明るくなっていて、なんやかんやで7時30分のスタート、絶好の天気と思っていたが、何故か曇っていてちょっと冴えない感じ。冷たい空気の中、シオカラ谷に向け遊歩道を降って行く。

 

PENTAX Optio W60

 

PENTAX Optio W60

吊り橋から

 

西大台方面の色づいた山肌を見ながら進んでいくと、遠くに大きな滝の吹き出しが見える。中の滝だろうか。シオカラ谷の吊り橋のところからそのまま左岸沿いを行くと東の滝の落ち口、美しい紅葉がシオカラ谷を下っていくのが見える。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]

 

ここから先が迷いやすいらしいが、デジマンさんのレポを参考に斜め上、斜め上と唱えながら進んでいくと、うまく滝見尾根に乗ったようだ。廃道とは思えない良い道をどんどん降って行くと、中の滝が木々の間に見えてくる。やがて滝見台と呼ばれる大きな岩の上に到着、中の滝245m、西の滝150m、二本の長大な白布が、大きな大きな景観を作り出している。千石ぐらから続く大岩壁の紅葉も誠に素晴らしい。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]

 

撮影を済ませ、さあ出発と思ったら少し青空が覗いてきた。慌ててカメラを再セットするも、写そうと思ったら曇ってくる。なんとか雲の切れ目の青空をカメラに収めたが、えらく時間をくってしまった。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED

 

ここから先の道にはびっくり、明瞭に続いているが物凄い急勾配で、歩くというより落ちていく感じだ。大量に茂る笹藪を掴んで、ずり落ちながら西の滝直下に立った。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED

 

いやいや物凄いスケールだ。「関西随一」とか「日本中探しても無い風景」とか賛辞にことかかないこの場所は、まさに絶景中の絶景。大迫力の西の滝、下部しか見えないが、これまた大迫力の中の滝、大岩壁とそれを彩る紅葉、大きなV字溝の底に別世界が広がっている。ここでも天候に翻弄され、うまく撮影できずに時間ばかりが過ぎてしまう。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL II

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]

 

中の滝前へ右の滝を直上し、大岩を越えて近付いていく。さらにシオカラ谷を遡行すべく登って行くと水が無い。しまった、シオカラ谷はもう一本南だ。中の滝前から続いていると大きな勘違いをしていた。尾根を越えようかと登ってシオカラ谷を見るが、やはり危険なので戻って回り込み、シオカラ谷に入っていった。

 

PENTAX Optio W60

 

PENTAX Optio W60

 

シオカラ谷は、ちょっとした家程もあろうかという大岩が堆積している。右か左か真ん中か、単独ではルートを見つけるだけでも時間がかかる。また、結構水量が多く、何度も進めそうにない岩に阻まれる。ホールドを探して何とか登って行くが、水流の中しか弱点がないところも多く、途中から全身ずぶ濡れになってしまう。

 

PENTAX Optio W60

遡ってきたシオカラ谷

 

PENTAX Optio W60

紅葉と千石ぐら

 

豪快で大きなスケールの谷は、やがて前方に300mはあろうかという千石ぐらの大岩壁、ここでも紅葉が見事で美しい。この大岩壁を登るクライマーがいるというから驚きだ。千石ぐらを過ぎたころから谷は狭く薄暗くなってきた。

 

PENTAX Optio W60

高倉滝

 

さらに滝や岩を越えていくと高倉滝が登場、事前の予習で左岸から巻くとなっていたのでルートを探すが、よく分からない。右岸は立っているように見えたが、もう一度近付くと何とかなりそう。そのまま登り出すと、これが容易な登りで簡単に滝上にでた。

 

秋の日は短い、急いで東の滝を目指す。遠目に見えてきた岩を割って落ちる東の滝の姿は、なかなかの迫力、前衛の滝を攀じ登り、もう日の落ちる頃ようやく東の滝直下に達した。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]

 

さあ、最後の東の滝の巻きが待っている。谷を少し戻って斜面に取りつく頃には、完全に暗くなってしまった。滑りやすい水の滴る岩盤をヘッドライトを頼りに慎重に登って行く。もっと容易なルートがあるかもしれないが、暗くてよく見えないので右のハング状の部分を際どく乗り越えて上に達した。最後のナメはもちろんパス、道を辿って吊り橋へ戻り一安心。

 

真っ暗な中、たった一人の大休憩。腹が減ったが、途中で食料を全て流されてしまい何も無い。濡れた体が冷えてきたので遊歩道を駐車場に向けとぼとぼと歩き出す。途中ザザッ、ザザザーと音がするのでヘッドライトで照らすと、暗闇に浮かぶ多くの目、「ガオー」と威嚇するが、微動だにぜずこっちを見ている。どうも鹿の群れに囲まれているようだ。しかし、その光る目は宇宙人にしか見えなく不気味極まりない。

 

駐車場に戻ると、ささやかな宴会中の人達がいて、ヘッドライトを点けて暗闇から現れた私の姿にちょっと驚いているようだった。