2013年5月26日
笛吹川 東沢 釜ノ沢



フェルト vs ゴム・・・


PHOTO GALLERY


この日は、東沢両門ノ滝を目指す滝オフ会に参加。ゴットンさん、サモハンさん、BALさん、はんぺんさん、ふくみさん、ゆかちゃん、そして私の総勢7名で賑やかにスタート。



沢を歩いたり左岸の道を辿ったりして、先ずはホラの貝ゴルジュの入り口。



その綺麗な水を見ていると突入したい誘惑に駆られるが、そんな訳にはいかず一気に巻いて川に降り立つ。



右岸から入る乙女ノ沢の滝は、水量が少なくてちょっと残念。





次の左岸支流の東のナメ沢は、濡れる程度の水量ながら、凄いスケールで見事。





斜めった岩盤は、写真で見る以上に傾斜があり、こんなところでもフェルト組は苦労しているようだったが、ゴム底の私はペタペタと難なく通過。



長くて退屈な河原歩きもワイワイモードでこなし、支流から入る滝が変化をつけてくれる。何より天気が良くてキラキラと輝く沢が綺麗で気持ち良い。





西のナメ沢には、ワイヤーが垂れ下がっていて、皆で登って行く。



上にもあった滝は、それ程見栄えしなかったが、見下ろす沢は、なかなかの高度感と開放感。





長かった河原歩きもようやく終わりといった感じで釜ノ沢の出合。





釜ノ沢に入ると、渓相が変わって流れる水の美しさがさらに増したよう。



魚止ノ滝は、右岸の壁を登って越えて行く。フェルト底は、足を空転させながら強引に登っていく感じだが、ゴム底の私は、フリクションが効いて楽に登れたかもしれない。そう言えば、さっきの大釜の通過で、私の後に続いていたフェルトなゴットンさんは、ズリズリと止まらずに水没していた。





千畳のナメを気持ちよく歩いて、いくつかの小滝を越えると、いよいよ目的の両門ノ滝。









ところが、さっきまで良い天気だったのが曇ってきて、滝に着いて少しすると雨が降り出してしまった。直ぐに止むだろうと待つが、その反対に勢いを増してくる。



仕方が無いので、右の滝を巻き上がって上にあるヤゲンの滝を見に行く。う〜ん、こんな滝にも名前が付いてるのかと驚くが、流れる水は、とても美しい。



戻り出して、上から両門ノ滝を見ると、おお〜っと日が差しているではないか。



慌てて降りて数カット撮影するが、また直ぐに怪しい天候になってしまった。



帰りは、天気が変わったこともあって、沢がまた違った表情を見せてくれる。





ホラの貝のゴルジュの入り口で休憩していると、BALさんが泳いで、ゆかちゃんまで泳いでいた。奥に行くと滝が見えるかもということらしかったが、泳がなくても寒いのに元気一杯だ。



最近は、ゴム底の靴ばかり履いているが、東沢についてはフェルトの方が歩きやすいとの声もあり、かなり迷った。結局、何時もの通りにゴムにしたが、結果としては正解だったようだ。しかし、このアクアステルスの沢靴は、今季限りで無くなるかもしれないらしく、とても困ったことになってしまっている。メーカーさん、何とかなりませんか・・・

ゴットンさん、サモハンさん、BALさん、はんぺんさん、ふくみさん、ゆかちゃん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH3
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT4