2013年7月13日
大又川 西谷



明るい蛇の目・・・


PHOTO GALLERY


7月の連休は、紀伊半島夏の陣。ひこさん、まいちゃん、私と嫁さんの関西隊にあっきーさん、はんぺんさん、ゆかちゃん、WATAさんの関東隊も加わり、今回はやるぞと皆テンション高く、素晴らしい滝見が約束されたよう。

林道から直ぐに谷へ降りて進むと、水が冷たくなくて快適。しかし、あまり綺麗な渓相ではなく、前に来たときよりも谷が荒れてしまったかもしれない。



大きく右へ曲がるところで最初の美しい滝。滝とアンバランスな大きな釜が、やはり紀伊の滝だと思わせる。



右から登って見下ろす眺めもなかなか美しい。



小滝を越えていくと、前方に狭まった行合が見えてくる。



前回は、左岸から大きく巻いたが、最近はどこでもここでも泳いで楽々。滝に倒木が被さっていて、乗り上げるのにちょっと大騒ぎ。





8m滝は、ひこさんが軽々と登ってスリングを懸けてくれる。前にお世話になった残置ハーケンを探したが、見つけることができなかった。





登り出ると、迫力の大滝の登場。影になっているのが残念だが、複雑な岩壁の中に突き刺さるような姿が、特異的で素晴らしい。



上段に近付けば、驚くような大きな釜とそれを要塞のように取り囲む壁が見事。









右岸からの巻きは、ちょっと大きく巻き過ぎて、トラバース気味になってしまい嫌らしい。



前回は、もっと滝近くを巻いたはずと途中から滝へと寄っていくと落口が直ぐ近くに見えてくる。落口へと続く細い岩のバンドが最短ルートだと思うが、無理することはないので、今回ももう一段上から越えた。



暗く狭い谷間にも光が降り注ぎ、一段と輝きを増した水が美しい。







そして、目的の滝が見えてきて、明るく開けた大空間へと導かれていく。









明るく輝く蛇の目滝は、なんと優しいことだろうか。暗く雨が降る中に一人佇んだことが懐かしい。











蛇の目を巻いて支流の大滝を見に行きたかったが、みんなもう満足したという感じだし、支流の滝なので水量的に見栄えがしない可能性もあり、今回も左岸を登って林道に出ることに決定。

それでは、明日の予行演習でもしようかと、泳いで蛇の目に近付いて滝下に上陸。





泳ぎながら写真を撮ったりして楽しんでいると、次々に泳ぎだして大暴れ。蛇の目もさぞかしびっくりしたであろう楽しい楽しい一時だった。












ひこさんピンチ


滝に呑まれた


たまらず脱出



汗を流して秘密基地へ行くと、沢ヤさんらしい先客が寛いでいて、挨拶をして横へ陣取らせてもらう。

飯を食ってそろそろ寝ようかという頃。先客のお一人が、ひこさんの元にやってきて「滝ヤさんですか。この辺りでいい滝を教えてもらえませんか。」と話しかけてきた。はんぺんさん、そして私が加わって、何故か大滝登攀の話になり、備後川のナル谷大滝を水線沿いの初登ラインで登ったとのこと。はんぺんさんが、「成瀬さんも登ってますよね」と言うと、「はい成瀬です」で、「え〜」とびっくり。

成瀬さんのお連れのtoshizoさん
あっきーさん、WATAさんもやってきて、俺は沢ヤだ!と滝ヤの対決ならぬ対談が延々と続いた。各地の大滝登攀や秘密のゲレンデの話、自然を敬いボルトやハーケンを残置しないことなどなど、とても有意義な話だった。

その中で紀伊半島の滝は、一見登ることができないように見えても登ることができる滝が多く、固くて崩れない岩盤でできているとのこと。南アルプス辺りにも大滝があるが、岩が脆くて登れないらしい。なるほど、紀伊の沢には、砂や泥の堆積が少なく、美しい渓相が見られるのは、そんなところに原因があるのかもしれないと思った。



あっきーさん、はんぺんさん、ひこさん、まいさん、ゆかさん、WATAさん、そして、成瀬さん、toshizoさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH3
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT3
Panasonic Lumix DMC-FT4