2013年7月14日
北山川 立合川



夢の殿堂・・・


PHOTO GALLERY


西谷の翌日は、もとなかさんも加わって、目指すは立合川の大滝。天気を心配したが、爽やかな朝に皆とても嬉しそう。



「たっちゃご」とか「たちあごう」と呼ばれる川の上にかかる大きな橋が「たちあいがわばし」となっているのはなんでだろう。





橋の上から立合川を見下ろせば、蛇行する深く見えない谷間がいかにも険悪そう。



川床へ降りるには、右岸の梯子を下降、旧道の吊り橋の袂から、左岸の旧木馬道からなどなど何通りか考えられるが、「はままつ滝まで踏み跡あり」の情報を頼りに木馬道を上流へと歩いて行く。

やがて、はま松滝の看板とそこから明瞭に続く踏み跡を見て、第一関門突破と大喜び。



踏み跡は、途中から不明瞭になるが、うまく立合川へと降り立つことができた。そこには滝など無く、思ったより穏やかな渓相。



少し進めば、どんどん深くなり、大きな淵に泳ぎを強いられる。





大岩を越えれば、深く大きな釜に滝が落ち、滝と釜のアンバランスな感じを見ていると、なんとなく南紀を感じさせる。

沢屋さんの間では、この滝をよりきや淵滝としていることが多いようだが、本当のところはよく分からない。



右岸から巻いて支流の流れを越えて戻ると、またまた穏やかな流れ。





ナメと淵が美しく、心まで緑に染まりそう。





谷が急激に狭まるのが見えてくるが、その手前の淵がまた一段と美しく、しばし見とれてしまう。







そして、谷が右へ曲がると渓相一変、いよいよゴルジュの始まり。両岸立った逃げ場のない奥に大きなチョックストーンが被さる滝が見える。はままつ滝だろうか。



立合川の大滝へ行くには、正面からゴルジュを突破、滝上から懸垂下降、左岸の巻きルートを下降などが考えられる。

巻きルートの下降は、大滝を巻くのに普通で2~3時間、6時間かかったというレポもあり、それを上からルーファイしながら下降するのは、とても困難そう。

滝上(滝上へは比較的簡単に行くことができるらしい)から懸垂で降りるのが最も簡単そうだが、登り返しが辛そうだし、何よりロープ残置状態では撮影に支障がある。ロープを抜いてしまえば、ゴルジュを降渓して帰ることが出来るかは全くもって未知数。

そんな訳で正面から遡行ということになったのだが、おそらく、はままつ滝の突破が最大の難関。



ひこさんが空身で泳いで行き様子をうかがうが、簡単ではなさそう。事前予習では、ここの越え方は三通り、滝を直登、左岸を登って懸垂下降、右岸CSの裏から這い上がる。

ひこさんに「CSの奥から~」と身振り手振りで伝えると、滝を越えて奥の淵へと飛び込み這い上がっていく。もとなかさんが追いかけ、しばらくして、ひこさんが見事に上に飛び出し、どうやら突破できそうな感じに一安心。





ゆかちゃんもここぞと泳ぎだし、私もひこさんのザックを自分のザックに重ねて泳いで行くが、上がるときに濡れた二つのザックが重たくて、とても苦しかった。





後続が泳いでくるのをスリングで次々と引っ張り上げ、奥へと送っていく。







穴へと入っていくと、真っ暗な上に明るい光りが見えるが、ツルツルの立った壁は、なかなか厳しい登り、ひこさんが、ザックを引っ張り上げてくれているが、邪魔くさいので担いだまま登ると、これまたとても苦しかった。



最後にあっきーさんが穴から出てきて全員無事通過。これで大滝まで行けると自然に笑みがこぼれてくる。





それでも、まだまだゴルジュの真っ只中で、そう簡単には通してくれない。





両岸とも大きな壁が立ち上がり、門のような隙間から見える光景にこの先何が出てくるのかと期待感が高まる一方で、抜け出せない閉塞感がさらに大きくなってくる。





この世から隔絶されたような険悪極まりないような深いゴルジュ。そこを滝となって淵となって美しい水が流れていく。僅かに差し込む光が、そんな厳しい地形に降り注ぎ、見たこともないほど幻想的。





一段と狭まる奥に落ちる滝は、幸いにして支流の滝が落ちるツルツルの右岸壁を登ることができる。





ふり返って見るゴルジュの眺めも美しい。





滝を越えると、またまた見事な淵が現れる。狭い門の奥に少し恐さを感じるが、とても落ち着ける所。ここで小休止して寛ぐが、結果としてとても有意義な休憩になった。





淵をスイスイと泳ぎ、門の奥へと次々に吸い込まれていく。





続く淵もどんどん泳いで、みんな楽しそう。



右岸に上陸するも直ぐに銚子滝下の左岸へと泳いで渡る。







二段の銚子滝は、左岸をトラバース気味に越えていくが、念のためロープを出して慎重に通過。







銚子滝の上の狭い奥には、ドームらしき壁が見えてきていよいよ来たかと皆の視線が一点に集まる。



もう難所は無い。最後の淵を泳げば、いよいよ大滝とご対面だ。誰が最初に行くかと輪になってじゃんけん大会。勝者となったひこさんを先頭にゆっくりとゆっくりと泳いで行く。







大滝は右に急角度で曲がった壁に白く輝く瀑水を踊らせていた。巨大な滝壺に湛えた水に光りが透過し、あまりの美しさに今すぐ飛び込みたくなる。





と思っていたら、嫁さんは、いきなり滝目がけてまっしぐら。







もとなかさんも追従して大暴れ。



大滝には、本当に度肝を抜かれた。巨大なドームに落ちる美しくも迫力の滝は、凄いとしか言いようがない。こんなに大きなドームなのに、それを満たして広がる壺も圧巻。









ここは一体どこだろうか。あまりにも壮大で美しい自然を前にそんな思いを抱かずにいられない。 ここに立たちたい。この大きな釜で泳ぎたい。「やっと来たぞ」と全身で表してみても、大滝の白い瀑水は揺るぎなく、透明な水は絶えることなく流れていく。









最後は、もちろん釜で泳ぐ。横着こいてハーネスを着けたままだったのでギアの重みで何回も沈みかけるが、思い残すことがないように泳ぎまくった。



名残惜しいが帰るときがやってくる。銚子滝の左岸は、往き同様にロープを出して慎重に下降。



流されて流されて、帰りは楽々。





沢屋さんは、銚子滝のあたりから木馬道へと巻き登っているようだが、我々は、もう少しだけ下流まで戻る。



往きに休憩した淵まで戻ってくると、スポットライトのように光りが差し込み、またまた美しい光景が待っていた。







当初の予定では、最後まで降渓して戻るつもりだったが、往きに休憩した時に、もとなかさんが脱出ルートを見つけてくれていて、それを辿っていとも簡単に木馬道へと登り出た。それに要した時間は、大滝の巻きに苦労した沢屋さんが聞けば、卒倒するような短さ。

木馬道を帰っていくと、聞いたことがない滝名の案内板があった。位置関係からしてそれらの滝を見てきたはずだが、一体どの滝のことかは分からない。





立合川沿いの木馬道は、 崩壊が少なく昔の姿が残っていると言われているようだが、足場を組んだような補修箇所もあり、自然歩道としての補修だろうか。





大滝までの遡行は、立合川のほんのさわりの部分に触れただけかもしれない。それでもそれは、これまでの記憶に無いようなめくるめく官能的な沢体験。

さらなる上流部を覗いてみたいのはもちろん、また直ぐにでも訪れてみたい素晴らしき渓だった。

あっきーさん、はんぺんさん、ひこさん、まいさん、もとなかさん、ゆかさん、WATAさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH3
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT3
Panasonic Lumix DMC-FT4