2008年11月15日

奈良県 川上村 中奥川 鳥渡谷 井光川 ナカネ谷 笹の谷  

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA16-45mmF4ED AL

 

紅葉を求めて…

 

 

雨の降る中、中奥川から鳥渡谷方面へ入り、取水施設のとことからさらに林道を上がっていく。ところが、直ぐに谷側が抜けて極端に道が細くなっている部分があり、やばいと思った時には、右後輪が谷側に落ちていた。どろどろになりながら大きな岩を運んだり、伐採された木を運んで、一時間以上かけてなんとか脱出。しかたがないので、少し広い場所に駐車し歩いて先を目指した。この林道を登って行くと大鯛滝が見えるポイントがあり、紅葉を伴う眺めが最高らしい。いつの間にか雨も止み、時折、日まで差してくる中、落ち葉の堆積する林道を進んでいく。やがて木々の間から山肌が見えてきた。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED

 

思った以上に綺麗で、登尾からの岩壁は美しい紅葉で彩られ、右の谷に続いている。そして水音が近くなり、大きく開けたところから見下ろせば、紅葉で包まれた谷に落ちる大鯛滝、もう終わってしまった木々もあるが、十分見応えがあり、素晴らしい景観が大きく広がっている。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA16-45mmF4ED AL

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED

 

滝下には行かないつもりだったが、やはり下からの眺めが気になってきた。取水施設前の広いところまで戻り、谷を遡行して行く。ここは、前に来た時にヘビだらけだった印象があり注意して進んでいくが、今日は全くいないようだ。滝の少し前で左岸に涸れた枝谷が合わさっている。上の遠望地点から直ぐ右に見えていた枝谷かもしれない。傾斜も緩く、これを登れば遠望地点に行けそうな気もする。谷が急になり左に曲がると大鯛滝の登場、滝下からの眺めは、ちょっと色づきが悪く残念だが、静かな秋の渓谷感が漂う。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA16-45mmF4ED AL

 

左岸の上部に石積みらしき物が見えたので、斜面を登ってみると、なかなか立派な道がある。そして張り出した岩をくり貫いた手彫りのトンネルがあり、これを通ると大鯛滝の落ち口だった。滝を巻くのにトンネルを抜けるのは初めてで、ちょっとびっくり。帰りは、この道を辿ると取水施設近くに戻れた。

 

この後、御船の滝に寄ってみると、盛りを過ぎた紅葉が寂しげな雰囲気。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA16-45mmF4ED AL

 

もうちょい下の笹の滝では、上部に残った紅葉が太陽に照らされ輝きを見せるが、やはりちょっと遅かった感じ。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA16-45mmF4ED AL

 

滝下に近付けば、下部の岩で弾けた飛沫が飛んできて、ゴツゴツ感とともにまた違った表情を見せてくれた。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]

 


R169沿いの紅葉は、例年以上に綺麗に染まっているが、滝近くは早くも晩秋を思わせ、秋が足早に通り過ぎてしまったようだ。