2013年12月8日
北アルプス 



ガス晴れて・・・


PHOTO GALLERY


7日の土曜日、もとなかさんとああだこうだと行き先の打ち合わせが忙しい。ヤマテンでは、南ア、中ア、八つは晴れ。北アは少し微妙で、飛騨側の天候回復が遅れるらしい。南ア烏帽子岳に日帰りで迫れるチャンスかと思ったが、遠見尾根から聳え立つ北アを見に行こうということになった。

テレキャビン、さらにリフトに乗り、一気に標高を稼ぐ。ずっとガスガスで視界が悪く、リフトを降りても、それは変わらない。



踏まれているだとうと、スノーシューを持っていくか悩んだが、雪が深く、スノーシューなしでは即撤退という感じ。トレースは、どこにも無い。

地蔵の頭への急斜面を登り出すと、深い雪に悪戦苦闘。それを見ていたリフトの係の方が、「遠見方面なら巻いても行けますよ」と声をかけてくれる。なるほどと南側を巻いていくが、こっちも雪が深い。



なんとか巻き進んで鞍部に出ると、光る稜線が現れて期待感一杯。





しかし、青空が覗いたのは一瞬。尾根に乗って進んでいくと、辺りは真っ白な無の世界。



「一ノ背 髪」の標識に到達。アルプス平まで下り35分とあるが、2時間10分もかかった。

もとなかさんの情熱は凄まじく、深い雪を蹴散らして休むこと無く登って行く。まるでガスの向こうに凛々しい峰々が見えているよう。



「一ノ背 髪」から「二ノ背 髪」までは、夏道タイム15分。急坂をラッセルで40分。

東側に雪庇が張り出した稜線を進んでいると、空にお日様が浮かびだし、やや明るくなってきて何か起こりそうなことが、確信となってくる。







「二ノ背 髪」から30分、12時20分に小遠見山に到着。3時間ちょいかかってしまった。大遠見山まで行けると思っていたが、ちょっと無理そうなので、ここでゆっくりすることに。

そうこうしていると、頭上高く青空が見えだし、それが大きく広がっていく。



凄いことになってきた。ガスを纏った山々は、ドピーカンでは見ることができない格好良さ。輝くヒダヒダが、青空へと高く延びていき、どこを見ても最高。







なかなか姿を現さなかった鹿島槍、五竜も登場。





ほんの20分程でまたガスに覆われてしまい、それではとラーメンタイム。後から単独で登って来られた方は、ここにテントを張ってゆっくりとするらしい。

40分程経つとまたガスが晴れてきて、さっきよりも強い光線が差し込み、空が濃い色へと変わっていく。







ふと見ると、遠見尾根を下山してくるパーティがいる。とても爽やかな若者達で、五竜は敗退したらしかったが、回復した天候の下、おおいに盛り上がっていた。











1時間40分程楽しんで下山開始。またガスの中へと吸い込まれていくが、全体的には良い天気。







ふり返ると、僅かながら彩雲が漂っていた。



途中から地蔵の頭が見え、光を反射してキラキラと輝く何かがあり、まるでクリスマスツリーのように見える。こんなところに誰か立てたのかと、登って近付いてみると、クリスマスツリーではなくケルンだった。その鐘の澄んだ音色が、とても心地良かった。





冬場は、なかなか晴れない北アルプスの稜線。限られた週末山行の中で巡り会うことは、とても少ないチャンス・・・

もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

SONY NEX-6
E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

Panasonic Lumix DMC-G5
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.