2013年12月31日
比良山地 



行く年想って・・・


PHOTO GALLERY


坊村は、しっとりと雪化粧。前回登った2011年3月の時ほど白くはないが、いい雰囲気。しかし、凍結したアスファルトの上を歩くのは、とてもデンジャラス。もとなかさん、嫁さんの三人で大騒ぎして通過。



踏まれた登山道は、アイゼンが良く効き快適。おまけにポカポカ陽気で暑く、春を思わせる。



柔らかい日差しが降り注ぎ、白い木々にいつものように足が止まる。霧氷というより着雪が主だが、それはそれで美しい。













御殿山から西南稜を見渡すと、ちょっと雪が少ないようにも感じるが、たおやかに伸びる稜線にワクワク。





ワサビ峠への下降は、白いトンネル。







大阪に帰ってきた年末、大峰台高の天気が優れず、今年の大晦日山行は中止かと思っていたが、ポッカリと雲が切れそうなところを発見し、やってきた武奈。まさかまさか、こんなに爽やかな青空が待っているとは。











ちょっと決まらないキンゴさんポーズも前後からシューティングされ幸せ。





爽やか、爽やか〜、ひたすら爽やか。























山頂からは、下界まで良く見えて爽快。





ちょっと短いながらもエビの尻尾の歓迎が嬉しい。













2011年の釈迦、2012年の三峰、2013年は武奈、山で行く年を送ると、数々のシーンが、時に鮮明に時にぼやけて回想されてくる。素晴らしき大自然に感謝・・・

もとなかさん、どうもありがとうございました。

嫁さん用に導入したGM1と12-32mmには、本当に驚いた。JPEGは、相変わらず褒められたものではないが、RAWデータは、秀逸で、こんな小さなボディとレンズから出てくるものとは、とても思えない。レンズの描写がいいのは、もちろん、センサーの素晴らしさは、可能性に満ちあふれている。

私の基準で言えば、この小さなカメラの前に殆どのカメラは、ひれ伏すかもしれない。もちろん、高感度番長などという単純な話ではない。



撮影機材

SONY NEX-6
E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

Panasonic Lumix DMC-G5
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Panasonic Lumix DMC-GM1
LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.