2014年1月2-3日
台高山脈



大外れ・・・


PHOTO GALLERY


大又の林道は、雪の重みで折れたらしい大きな木で塞がれていて、奥の駐車地まで上がることができなかった。しかたがないので、途中に駐車して歩き出す。

ザクザクの雪に最初からアイゼンでいくが、フワッとではなくグスッと沈む感触で歩きにくい。



明神滝を越えると森が白くなってくるが、きらめく妖精というよりは、着雪が目立つ。





ついていたトレースは、途中から何時もと違う方向へと続いていたが、それを辿って尾根を急上昇。



青空が見えてきて、テンションアップ。



最後に迷路のような中を抜けると、三ツ塚へと登って行く斜面の途中、ちょうど明神平のシンボルとも言えるあの木の上に飛び出した。







例年通りにお正月の天気は不安定。それでも、2日の午後から3日の朝にかけては晴れ間も出そうと、朝夕のドラマに期待してやって来た訳だが、青空は、どんどん少なくなっていく。う〜ん、どうもおかしい。









明神岳から先は、ノートレース。桧塚方面への広い斜面を適当に降って行く。





二人でポーズを決めたつもりが、もとなかさんは、隠れてしまった。







時々見えていた青空もしだいになくなり、奥峰へと登るころには、完全に曇り色になってしまう。















風を避けることができる少し降ったところにテントを張ろうかと思ったが、アクセス優先で奥峰の樹林の中に張ることにした。天気が悪いが、まだ諦めた訳では無く、チャンスがあれば、直ぐに飛び出せるように。

風でテントがヒラヒラと舞ったが、うまく二張りの設営が完了。空は、ますます重い色になってきて、そのまま夜になってしまった。これは、天気予報が大外れかも。





朝になってテントから外を見ると、お〜っとびっくり。「あ〜っ、きてる〜」と思わず叫ぶと、隣のテントのもとなかさんも急反応。

ダウンジャケット、ダウンパンツを身に着け、カメラカメラと慌てて探すとザックにひっついたままなので、ザックを担いで外に飛び出す。



昨日のような風もなく、とても穏やか。茜色の空が雲に反射し、今か今かとその時を待つ。



雲の向こうから顔を出すかと思ったら、僅かな隙間を紅い光が通過していく。





そして、本格的な明るいパワーが広がり、瞬く間に我々の足下まで届き出す。







光が織りなす自然の芸術は、ほんの一瞬。暖かい陽の色へと変わっていき、なんともあっけない。

写真で見ると、それなりに鮮やかだが、荘厳さに欠ける拍子抜けの朝だったことは否めない。雲が無く天気が良すぎたかもだが、さすがに贅沢すぎる悩み。



全身ダウンに身を包み、まるで宇宙服のよう。2014年宇宙の夜明け。



朝飯を食って、ゆっくりと撤収していると、早くも単独の男性が登って来られた。後で分かったことだが、やぶこぎネットのグー(伊勢山上住人)さんでした。





予想に反して、陽が高くなってきてもいい天気。爽やかな青空の下、ウロウロと楽しむ。







昨日から感じていたが、霧氷やエビの尻尾に鋭さが無く、なんとなくもこっとしている。これも贅沢な悩みかも。



















三ツ塚あたりまで戻ってきても、ガスが湧いてくる気配は全く無く、抜けるような青空。





さっさと下山するのは、もったいない。それではとヒップそりの出番。

















一日目の外れにはまいったが、翌日は、素晴らしい晴天の大外れ。おかげで、とてもいいお正月の山になった。

もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-G5
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Panasonic Lumix DMC-GM1
LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.