2014年1月19日
八ヶ岳 



山乾き・・・


PHOTO GALLERY


唐沢鉱泉の朝は、とても寒かった。唐沢を渡って森の中を行くが、依然として空気が冷たい。氷点下18度位だっただろうか。



天気がちょっと微妙だったが、黒百合平に着く頃には、青空が広がってきていい感じ。



見上げると、風に押された白いふわふわが、次から次へと通り過ぎていき、どうやら上空は、かなりの風が吹いている模様。



早くもガイド登山らしき一行が降りてきて、小休憩中の私ともとなかさんを取り込むように円陣を組んでいく。

ガイドさんらしき方が、「今日はね。天気が良くて風もなく・・・」そうか、見た目とは違い安定しているのかと思っていたら、「そんなことは、めったにありませんからね。登れるか登れないかのぎりぎりの線でしたが、皆さんよくがんばりました。」なんて状態らしい。



天狗岳やし、そのままトレッキングポールで行こうかと思ったが、風もありそうなんで念のためピッケルに変える。

中山峠から進んでいくと、天気が良いような悪いような。









風の中に入ると、歩けないほどではないが、顔面をたたきつける固い雪の粒が、とにかく痛い。





雪煙が舞い上がり、巨大な雲が、普通では考えられないようなスピードで動いて行く。









舞い上がる雪、光と影が、辺りを目まぐるしく変えていき、凄い景観で迫ってくるが、撮影するのは、容易ではない。ファインダーを覗くのにサングラスを上げ下げすると、どうも良くないみたいで、改善の必要がありそう。

















東天狗山頂は、とても落ち着けるような状態ではなく、さすがのもとなかさんも辛そう。

今回は、霧氷的要素を期待して天狗岳を選んだが、全く霧氷なしの登頂になってしまった。気温が低く、風が強くても、空気が乾いていると着かないようだ。



南八つ方面は、完全にガスの中。



西天狗を目指して鞍部へと降るが、前方は雲に覆われていて暗い。離れてみると、東天狗は、天気が良さそうに見える。







西天狗は、ガスの中で殆ど視界がない。しかし、風が弱く、ホッと一息。



ここから西尾根を降ろうとするが、ガスに覆われた広い斜面は、方向を定めにくい。



適当に降りて行くと、南寄だったのか急斜面に阻まれ、北へと修正していくと、薄いながらもトレースを見つける。





樹林帯に入ってふり返ると、立ち枯れの向こうに天狗岳。この立ち枯れにびっしりと尻尾が着いているのを期待したが、ほんの少し。







ラーメンタイムで大休憩の後、さらに尾根を降っていくと、天気が回復してきているのか南八つも見えてくる。







足を止めて待っていると、雲が流れて青空が広がっていく。もう少し回復が早ければとも思うが、最後に見せてくれた眺めは、とても澄んでいて、ギザギザの稜線が、魅力的に思えた。





風が強く気温も低い、まさに厳冬期と呼ぶのが相応しい一日だった。乾いた空気が包む山は、見た目には、春山のような佇まいだが、その中は、厳しい冬山の空気に満ちている。

もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

SONY NEX-6
E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

Panasonic Lumix DMC-GX7
LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.