2014年1月25日
谷川連峰



見えたよ・・・


PHOTO GALLERY


昨シーズン何も見えなかった谷川。今回もかなり微妙だが、はんぺんさん、ゆかちゃん、それにたっくんさんとおさるさん夫妻が集まってくれるというし、ひょっとしての期待を込めて出撃。





ロープウェイを降りたときには、空にまだ青色があったが、しだいに薄雲に覆われて何とも明暗差のない眺めになってくる。



「空と稜線の境目が分からない」なんて言葉が飛び交いながら、ゆっくりと登っていく。ファインダーのないカメラでは、何もかもがフラットに見えるようだ。



熊穴沢避難小屋は、雪の中。



こうやって写真で見ると青空が見えるが、とにかく直射光が全く届かない。





ちょっとしたチョボがあったので、何故か気になり登って遊ぶ。





南寄りには、何か格好いいピーク。







さっきのピークの北(手前)にもピークがあり、向こう側がカール状の地形になっていて鋭いリッジを形成している。





肩ノ小屋が見えてきて、こんなに近くにあったのかとびっくり。昨シーズンに来たときに探したが、ガスで全く分からなかった。







フラットな光線がちょっと残念だが、トマノ耳からの素晴らしい眺めを初めて目にする。



オキノ耳へと続く雪庇の張り出した稜線が、見事。





ふり返って見るトマ方面は、一段と素晴らしいかも。



岩に走るエビの尻尾が、これまたいい感じ。







しろくま発見。



iPhoneとカメラをWi-Fiで繋いで記念撮影をしようとするが、iPhoneが冷えているのか、動作がおかしい。



写そうとしている訳ではないが、何故かシャッターが降りてしまう。



結局うまくいかず。



そんなこんなで遊んでいると、光が差してきて、辺りが一斉に輝き出す。





帰って調べてみて分かったが、鋭いエッジを形成する奥のピークは、俎嵓(まないたぐら)。手前のピークは、オジカ沢の頭と呼ばれるらしい。行ってみたい。





トマノ耳に戻り、肩ノ小屋まで降りて昼食休憩にしようと話していると、たっくんさんが何やらザックから取り出したかと思ったら、肩ノ小屋まで華麗?に滑っていく。







腹もふくれたので、下山開始。



たっくんさん、またまたエアーボードでまっしぐら。



続け続けと、ヒップそりに尻セード。



最後まで滑って降りてしまった。



谷川は、位置的に考えても厳冬期に晴れるのは、少ないだろう。それでも、真っ白で何も見えなかった昨シーズンと較べると一歩前進。何より、天気なんか二の次と思わせるような仲間達との楽しい山行だった。

おさるさん、たっくんさん、はんぺんさん、ゆかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GX7
LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.