2014年2月22-23日
八ヶ岳 



聳え立つ稜線・・・


PHOTO GALLERY


甲府は、2月7-8日と降雪が続き、2月の観測史上3番目の積雪量43cmを記録。えらいこっちゃと思っていたら、14日から再び大雪が襲来。15日には、観測史上最大の114cmの降雪となった。陸の孤島と化した山梨は、全ての機能が麻痺し、スーパーからは、食料品や日用品が消え失せた。

ようやく機能を取り戻してきた週末、山には、絶好のチャンスが訪れた。しばらく、入山者がないとの情報だったが、美濃戸からの南沢ルートには、気の早い登山者によって深いトレースが着いていた。



素晴らしい青空に、この冬最高の好天は、間違いなし、ところが、行者小屋に着いたころには、既にバテバテ。風邪を引いてしまっていたが、思ったより調子が悪い。



もとなかさんと嫁さんが、行者尾根から最短コースを行こうと言ってくれるが、私は、文三郎からの周回を捨てきれず、「いや大丈夫」と出発。





紺碧の空に横岳が聳え立ち、明るい眺めが、大きく広がっていく。





浮かび上がる北アもいい天気。う〜ん、あっちも捨てがたかったなと、なんとも悩ましい。









中岳分岐の辺りからは、風が出てきたのだろうか。フードを被っているが、風がどうだったかは、あまり覚えていない。



贅沢な悩みだが、エビの尻尾が着いてなく、岩肌が見えてしまうのが、ちょっと残念。昨シーズンのような白に覆われた荘厳な世界とは違う。



さすがの雪も風で飛ばされてしまっているようだったが、南側へと回り込んでいくと、かなり積もっている。



この辺りは、トラバース気味な登りで、やや緊張する所だと思うが、雪が多く安定しているのか、非常に歩きやすい。



傾斜が強くなってきて、ちょっと渋滞気味。







安定した雪質は、主稜線まで続いていた。









爽やかな山頂にもとなかさんと嫁さんは、とても嬉しそう。私は、かなり苦しかったが、山頂に立ててホッとする。







頂上山荘の近くで大休憩してから、今宵の宿の展望荘へと下降。







展望荘に転がり込み、暖かい飲み物で寛ぐ。この週末は、どこへ行こうかと、かなり迷ったが、今日は、展望荘の最終営業日。冬が始まった当初から、この稜線から朝夕のドラマを見たいという想いがあり、やはりここしかないという選択。



お日様は、阿弥陀岳の向こうへと姿を消してしまうが、その光が、山を一時の色に染めていく。



移ろいゆく光は、山を夢見させ、それは、ここに立ってこそ見ることができるあまく幻想的な世界。最高の瞬間は、直ぐに過ぎてしまうが、カメラは、それを鮮やかに捕らえてくれる。











そして、彼方の空を静かに燃やし、終演を迎える。



小屋に戻ると、食事タイムも終盤。こりゃ忙がしいと慌てるが、そんなことは無く、ゆっくりと飯タイムを楽しめた。



翌朝もいい天気。雲海の上に富士山がポッカリと浮かんでいる。



昇ってくるその瞬間が、たまらない。





パワー漲る光に炎と化した雲が、生き物のようにうごめき、冬山の鮮やかで明るい世界が始まる。







日の出と朝飯が重なり、またまた忙しい。慣れた人達は、早く出発していくが、我々は、小屋での生活スキルが、なんとも低く、今後の課題だと感じる。



ちょっと遅い出発になってしまったが、さあ行こう。今日もいい天気が続きそう。



体調もかなり良くなって、朝からハイテンション。



横岳〜硫黄岳への縦走は、二十三夜峰を巻く梯子から。









東側をトラバース。日ノ岳ルンゼが高く見える。







急傾斜なルンゼをヨイショヨイショ。





なかなか素晴らしい高度感。



稜線に登り出て一息。



今度は、西側を降って行く。





トラバースまたトラバース。











またまた東側から攻める。



誰も歩いてなさそうな杣添尾根を右下に見送ると、横岳までは、あと一息。



ここは、P2829無名峰か。辿ってきた荒々しい稜線が素晴らしい。







そして、天に突き上がるような横岳奥ノ院への登り。



いやいや、もう最高。どこを見てもダイナミックな眺めが展開。









奥ノ院からは、細い尾根を慎重に下降。東側の梯子に乗り移るところが急で、バックモーションで降りていく。





岩の隙間を抜けて、また西側へと下降。







トラバースの後、またまた岩の隙間から東側に戻り、へばりつくようにトラバース。ここのトラバースは、ちょっと細い。



さあ抜けた。前には、穏やかな尾根が続いている。









硫黄岳山荘付近は、噂の強風地帯。



小屋の陰で休憩できるかと考えていたが、殆ど埋まっていて、風を避けることができるような所はなく、とても無理。





見事な雪の造形の上を雪煙がぶっ飛んでいく。









風を抜け、空に向かって一直線。





硫黄から見ると、逆光線に浮かび上がる八つが一段と荒々しい。





いよいよお別れ。







赤岳鉱泉では、外でランチタイム。



最後まで紺碧の空が見送ってくれる。



横岳を越えていく縦走路は、急峻な南八つらしい高度感が続く素晴らしいルート。大きな眺めに心奪われ、開放的で浮遊するような高揚感に満たされた。

もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

SONY NEX-6
E18-55mm F3.5-5.6 OSS

Panasonic Lumix DMC-GX7
LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Panasonic Lumix DMC-GM1
LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.