2014年3月9日
八ヶ岳 



ドッペルピッケル・・・


PHOTO GALLERY


今回は、はんぺんさんと阿弥陀岳。行者小屋から見上げる峰々は、白い化粧を纏っていてワクワク。



文三郎への道から分かれ、中岳沢に入ると、とても静か。



途中から適当に北陵目指して斜面を登っていく。この辺りの霧氷越しに見える南八つの眺めに期待して、このルートを選んだ訳だが、殆ど落ちてしまっていて残念。







急傾斜な斜面を乗り上げた所は、ちょっと落ち着けるように平坦。壮大という言葉が似合う、その眺めがとても素晴らしい。





ここからは、まだ樹林帯だが、かなりの急斜面に息が切れる。なんとなく沢の巻きを思わせる。





岩稜帯の基部に着くと渋滞気味。高度が上がって霧氷も綺麗。



岩場を登攀する趣味は、全く無いので、左から巻いて行くが、とても急峻。ピッケル二本を確実に利かせて登って行く。



途中から真っ直ぐ行くか尾根筋に戻るか迷ったが、僅かなトレースに導かれて尾根へと戻る。ところが、これが大失敗で、登攀中のパーティに割り込む形になってしまった。

狭い場所には、トップを下からピレイする人、後続を上からビレイする人がいて、違うパーティのロープが僅かなアンカーに絡み合う。しばらくどうなっているのか分からなかった。



人がいては、次の一歩を踏み出せない。上のパーティの最後の方が登り出したタイミングを見計らって、僅かなポイントから左へのトラバースを開始。

ここからの巻きルートには、トレースがなく、なんとも不思議。壁は、さらに斜度を増し、そのデンジャーさと高度感にしびれる。



ナイフリッジに延びるロープが見えてきて、これまた、あまり体験できないような不思議な光景。









ナイフリッジを越えると斜度も緩み、山頂も近い。



阿弥陀岳山頂は、とても穏やか。ゆっくりとラーメンタイムを楽しみながら、白くなった八つを心ゆくまで眺めた。





下山は、御小屋尾根を選択。御小屋尾根を降ると、美濃戸へ戻るのに難儀しそうで諦めていたが、出会ったお二人と話している内に、やはり辿ってみたくなった。









摩利支天を越えて歩く尾根も素晴らしかったが、そこから急降下していくところは、さらに素晴らしかった。岩肌や僅かな木々に伸びるエビの尻尾が魅せる眺めは、今日一番の冬景色。









樹林帯に入ると、垂れ下がる枝が邪魔で思った以上に歩きにくい。ちょっと遠いが、権現とギボシが作るカールが見事。



御小屋山分岐を美濃戸口方面へと進み、当たりを付けたところから北へと下降を開始。尾根の形がはっきりせず、東寄りに降りてしまうが、西へと修正しながら進んで行く。ちょっと疲れ気味だったはんぺんさんが、急に元気になり、全身セードを交えながら猛ラッセル。最後は、壊れて90度傾いた橋のリッジを慎重に越えて美濃戸へと辿り着いた。

冬期登攀入門ルートとされる阿弥陀岳北陵。私は、登攀にはあまり魅力を感じないが、その美しさ故に登ってみたいと思っていた。下部を彩る霧氷は、不発ながらも、十分に美しく壮大な眺めを満喫できたように思う。

はんぺんさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GX7
LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.