2014年4月12-13日
北アルプス



燃え尽きた・・・


PHOTO GALLERY


新穂高温泉のロープウェイ乗り場から見えるのは、爽やかな青空と白い峰々。



ロープウェイに乗ったのは、12時30分の便だったか。とりあえず西穂山荘まで行くだけなので、思い切りゆっくり。



山荘のテン場でお家を設営。今日は、風があるかもと思ったが、ここは、とても穏やか。



山荘でラーメンを食ったら、することもないので水作り。何時も二人で5~6Lは、作る。



EVERNEWのウォーターキャリーにモンベルのコーヒードリッパーで濾過した水を入れ、使う時には、さらに浄水器を通す。雪を溶かした水をそのまま飲むと、かなり不味い。味を付けて誤魔化したり、気にしないのもありだが、わが家では、浄水器を常用している。

以前に使っていたスーパーデリオスは、絞って水を出すのに力が要って一仕事だったが、SAWYERに変えてからは、快適になった。これらの浄水器を付けるなら、容器は、platypusではなく、EVERNEWでなければならない。



今回の行き先として、後立山方面も魅力的だったが、嫁さんが西穂に行きたいと言うので、それでは、朝夕のドラマに期待して、ゆっくりと楽しもうと計画。

そんなことで、そろそろいい時間かと、丸山へと出発。



斜光線が、早くも山をアンバーがかった色に変えていき、これから起こることに期待感十分。



丸山は、団体さんで賑わっていたので、さらに上を目指して登っていく。









さらに低くなった光は、弱くなっていく一方で力強さを増し、白き雪面を茜色、そして薄紅色へと塗り替えていく。







独標基部辺りまで来たが、ピッケルを持ってこなかったので、登るのは諦めてその時を待つ。

ここまで来ると、さすがに誰も居ない。二人だけで、その素晴らしい出来事に包まれ、心まで染まってしまいそう。







笠ヶ岳の向こうの空が、なんともいえない色合いになり、とてもとても美しい。うっすらと広がる雲が描く、微妙なグラデーションが、美しさをさらに延ばしていく。



そして、雲に遮られながらも、太陽の力が衰えることは無く、空を燃え上がらせて静かに静かに消えていく。







太陽が消えた後も、雪面は、十分に明るく、ヘッドライトなしでテン場へと帰還。



昨シーズンの慌ただしい山行とは違い、テン場でのゆったりとした時間に、やはり泊にして良かったと思う。



翌日は、やや天気が悪いかもと思っていたが、雲はあるものの良い感じ。早起きして、丸山付近まで登ってきた。



空が昨日以上に幻想的な色に包まれ、山は、大いなる力で満たされるのを待っているよう。









かなり明るくなってきたが、どうやら前穂からの稜線に遮られて太陽は、見えない。もう終わってしまったかと思ったが、次の瞬間、霞沢岳の稜線にポッと灯がともり、その時が訪れる。



その大きな構えを、これ以上無いような美しい色で満たす乗鞍。



双六への美しい稜線がゆらめき、さらに美しさを増していく。



雲か靄か、光がふんわりと拡散し、その向こうに浮かび上がるのは、南アルプスや八ヶ岳。山が夢見るほんの一時は、穏やかな美しさに満たされた。





ぼちぼち歩いて、昨日、夕景を眺めた辺り。



明るくなってくると、天気は、予想通りの薄曇り。しかし、予想通りでないのは、空気が冷たく、とても寒い。



独標への登りは、所々凍っているが、安定した雪で歩きやすい。







前のパーティは、独標から懸垂下降。





登って降ってと繰り返し。











ピラミッドピーク。

ここまで歩いてきて、昨シーズンに来たときのような危うさを、全く感じなかった。雪が安定していると、これ程までに違うのかと思う。





















空が少し澄んできて、迫る西穂が眩しい。















最後の登りか、何か違うような。



山頂直下は、四足歩行での登下降が必要だったはず。西穂ピークは、まだ先と思っていた。



そんな訳で、普通に歩いていくと山頂の山名板が現れて驚いた。



北アならではの壮大な眺めが、やはり素晴らしく、ドピーカンではないが、筋を引く雲と空とのコントラストも、とても美しい。













十二分に満喫したので、ぼちぼち帰ろう。













独標を越えると、広い斜面になり、ピッケルよりストックが楽。



テント撤収後は、ザックがでかい。帰りもロープウェイで、楽々下山。



もう少し雪シーズンを頑張るかと思っていたが、結果として、これが、最後になった。

アップダウンを繰り返して続く西穂への道は、もちろん素晴らしく、朝夕は、期待以上のドラマが展開。嫁さんが、珍しく呟いた「燃え尽きた」という言葉が、今回の山行の全てを表していたように思う・・・



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GX7
LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Panasonic Lumix DMC-GM1
LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.