2014年5月3日
高田川 内鹿野谷



きらきら・・・


PHOTO GALLERY


GW後半、また南紀へとやってきた。それにしても、あの暴力的な水は、たちまち引いてしまったようで、ほんの数日前の状態は、とても想像できない。

水車小屋からスタートして、遊歩道を歩いて行くと、直ぐに美しい水色が迎えてくれる。



臆崖道さん、山ノ神さんとは、久しぶり。



ズリ岩は、どうしてこうなったんだろうか。中を通れば、面白そうだが、まだそんな気には、なれない。







水に日が差し込み出すと、その透明度が、さらに増していく。



そして、見えてきた滝からの水が、大きな淵に流れ込み、早くも最高の輝きを見せる。





この美しい滝の名前は、諸説あるみたいだが、ナマズ口滝が、似合っているように思う。そして、下の大きな淵が、ナマズ淵。







左岸から巻き上がると、ちょうど落口の上で、いい眺め。



山ノ神さんと嫁さんは、もう一段上を、さらに巻いて進んだが、男性陣は、ロープを張って、落口の横を通過。



さっきの滝が、ナマズ口なら、次の滝は、出合滝。



降り注ぐ強い光線は、辺りに生命感を与え、漲らせているよう。滝水は、これでもかと言わんばかりに白く輝き、壺から溢れゆく水が、ゆらゆらとナメの上を滑って行く。





左岸滝近くをヨイショと巻き上がる。



上は、穏やかなナメロード。きらきらと煌めく渓をジャブジャブと歩くのは、最高の気持ちよさ。





左岸支流から入る滝を見送ると、前衛滝の上に期待の一ツ落滝が見えてくる。



前衛滝もなかなか面白い。左岸から簡単に越えていく。



一ツ落滝の美しさには、本当にびっくり。

大きな釜に湛えた美しい水こそ美瀑の証。揺るぎない立派な姿に新緑を纏い、今が、最高の時かもしれない。美しき滝を数多く内包する南紀においても、必見の一本だろう。















左岸の急斜面を巻いて行くと、登り出たのは、栂ノ戸滝が見える左岸壁のリッジの上。この地形、どこかで見たことあるような気がしたが、ノウナシ谷の千手滝から馬頭滝にそっくりだ。



やはり、滝前へと行きたいので、そこへ続いているように見えるルンゼを懸垂下降。



30mロープ一杯で降りたところは、滝の途中の岩盤の上。



さらにロープを延ばせば、降りることができそうだが、ズブ濡れ必至だし、帰りの事を考えると、ここはあかんと、また登り返す。



仕切り直して、リッジを下流方向へと少し降り、そこからロープを出して、一ツ落滝の落口付近へと降り立った。



栂ノ戸滝は、直ぐそこ。



左岸側に空きスペースが無く、あまり構図を変えにくかったが、一生懸命に撮影。



栂ノ戸滝も大変に立派。岩盤を複雑に流れ落ちる独特の姿に目を奪われるが、その水が描く軌跡は、とても美しい。







さてさて下山。リッジ上へと登り返し、そこから口高田へと続いているらしい道へは、すんなりと出た。そのまま口高田まで行くと、大迂回になってしまうので、営林小屋を過ぎた辺りから方向を変え、水車小屋からの道を目指して下降。

伐採の倒木に苦労しながら薄い踏み跡を辿り、なんとか元来た遊歩道に繋がった。



陽光降り注ぐ、沢歩きは、やはり最高。光が水に反射し、影と交差する様は、ちょっと言葉では、表現できない程の沢ならではの美しさ。

撮影的には、雲天時のフラット光は、しっとりとした平均的な絵を撮ることができるが、それ以上の絵を撮ることは難しい。強い光が作る明と暗は、撮影に向いていない、なんてことをよく聞くが、それ故に挑戦しがいがあるし、躍動的で輝かしく、何より、その一瞬の煌めきを写し止めることができるかもしれない・・・

臆崖道さん、山ノ神さん、ひこさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M1
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT3
Panasonic Lumix DMC-FT4