2014年5月17日
白川又川 火吹谷



溝・・・


PHOTO GALLERY


トンネル西口には、朝早くから車が一杯。トンネルを抜けて東口へ行くと、止まっている車は、僅かに一台。えらい遠いところから、こんなマイナーな登山口に来てるなあと思っていたら、車から降りてきた方に「大峰山の登山口は、ここですか。」と聞かれる。「どの山ですか」と聞き返すと、「いや、大峰山です。」???となりながらも、ああ〜、例のハンターさんかなと思い。「トンネルの向こう側ですよ。」と言うと、そそくさと車に乗って走っていった。

そんな事の後、当然のように一人になり用意をするが、風が吹いていて、結構寒い。まあ、これからの行程を考えると、寒いくらいでちょうどいい。

今日は、ふぇるめーるさん、そして、あっきーさんとWATAさんが歩いたであろう足跡を辿る。先ずは、林道を南東方面へと歩いて行く。



途中、一ノ垰へと続く登山口があるが、もう少し先へ。林道が、南西へと曲り、再び東へと大きく向きを変えるところに南西からガレ沢が、入ってくる。このガレ沢を少し進み、適当なところから東隣の尾根へと斜面を急上昇。ドロ壁を伐採の木が埋め尽くし、とても歩きにくく、最初からしんどい。

尾根に登り出ると、歩きやすくなり、シロヤシオや新緑が綺麗。幸いにも、風が吹き抜け、朝ということもあり、それ程、暑さを感じない。





この尾根を登り詰めると、一ノ垰から高塚山への稜線に合流。そこには、テープも付いていた。



東へ進み、P1418で南へと向きを変える。ここには、小谷林道の案内板があった。





P1289まで降ると、三本栂の山名板?下に色々と書いてある。



P1230付近から西へと向きを変え、いよいよ大滝への下降ルート。この遙か下に大滝が落ちているはず。

少し降ると、道案内板が倒れている。全く違う方向だが、同じ向きになってしまっている。しかし、こんな所に何故この案内板があるのか。どっちに行くにも、この尾根を稜線(P1230)まで登れということなのか。それだったら、下から登ってくる道があるはず、フジノトコからか。いやいや、フジノトコからなら、さらに南の明瞭な尾根を辿って、P1219に続いている可能性が高い。あるいは、案内板が背中合わせになっていて、急な斜面をトラバースするルートでもあったのか。これも、ちょっと考えにくい。根本的に写真を撮った場所を記憶違いしているのかもしれないが、とにかく謎だ。



どんどん降っていくと、謎の林道が横切り、さらに降ると、また林道。



ここから、本格的な降り。尾根を真っ直ぐに下降すると、最後のところで詰まる可能性が高そう。その少し手前で南へと方向を変え、できるだけ緩い斜面を狙うつもり。ところが、途中で、南寄りに派生した枝尾根に吸い込まれてしまい(ここは、大きく西へと振る必要があり、そのまま行くと、間違えやすい)、途中からトラバース気味に進んで修正していく。元の尾根が近付いてきた頃、目の前を猛スピードで小熊が横切っていった。

地形図では、分からない、張り出した岩峰が現れ、その間を、いかにも降りてくれと言わんばかりのルンゼが一直線に下へと延びている。しかし、下の方がどうなってるのか、全く見えない。内鹿野の失敗が頭をよぎり、予定通り左寄りから巻き気味の進路をとる。滑りやすい泥斜面を慎重に降って行くと、念願の川床が見えてきて、火吹谷へと降りたった。



大滝は、直ぐそこにあるはずだが、見えない。左の岩を少し登ってみると、おぉ〜っ。前衛滝を合わせた姿が、とても格好いい。しかし、これは、どうやって越えて行くのか。



上の写真の最下段の滝の下に、もう一つ滝があり、この滝は、頑張れば登れそう。登った後に左岸から巻くのか。それとも、この滝の左岸にあるルンゼから一気に巻いてしまうのか。

随分と迷ったが、ルンゼを登って様子を見ると、左の壁を越えることができそう。そこを登ると、ちょっとした小尾根になっていて、そこからは、もう大滝が目の前だった。

絶好の晴天だが、生憎、滝は、まだどっぷりと影の中。それでも、その巨大かつ特異な壁の造形に圧倒される。滝は、深く抉られたような溝の中を落ちていて、とてもとても素晴らしい。惜しむらくは、もう少し水量が欲しいところ。







しだいに光が回ってきて、溝の中の流身が輝き出すが、なかなかに事は、進まない。





お日様が、ようやくという感じで高くなり、まるで溝の中から蘇ったように流れが躍動する。どこまでも青い空をバックに、光と影が大岩壁に描く、壮大なドラマに酔いしれる。















帰りは、ルートを変えてみたが、思った通りドンピシャと決まる。長〜い登り返しは、さすがに苦しく暑かったが、美しい新緑が、それを癒してくれた。



火吹谷大滝、その特異極まりない大岩壁が作り出す深い溝の中を、美しい水が躍動する。岩に跳ね返る水また水は、大水量でなくとも複雑に飛び交い、絶景空間を飛沫で満たしていく。それは、そこに立ってこそ分かる、素晴らしくも凄い世界・・・



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Panasonic Lumix DMC-FT4