2014年6月22日
九頭竜川 荒島谷川



まさに幻・・・


PHOTO GALLERY


あっきーさんとWATAさんが、滝の掲示板のオフ会に参加するというので、急遽、飛び入りで参加させていただいた。道の駅で、のぶさん、瀑岐さん、はなごやさん、Lumixさんとご挨拶し、7名で向かったのは、荒島岳しもやま登山口付近。

大垂滝は、旧しもやまコースから遠望、そして接近できるらしかったが、今では、荒島谷川沿いに林道が延びているので、その林道を歩いて行く。



雨がパラパラと降る生憎の天気の中を進んでいくと、左岸に七ザコと呼ばれる滝が見えてきて、それは、見たこともないような光景。



残った雪渓が作るスノーブリッジの下を滝が潜り抜けてくる。ガスが立ち込めるのと相まって、なんとも幻想的。



標高600m程度だが、ユリのみならず、ニッコウキスゲまで咲いていて、ちょっと驚き。さすがに豪雪、寒冷地という感じ。





またまた、左岸から鳴きザコ沢が、滝となって出合う。両岸狭まった奥に落ちる姿は、なかなか格好いい。



二俣からは、本流と思われる右俣へと入っていく。



3m程度の滝を右岸から巻く。





すると、大垂滝の下段が見えてくる。





下段だけでも綺麗だが、上段が見えない。僅かな狭い棚を見つけて、そこから上段を合わせた姿をなんとか撮影。



上段へのルートとして、右岸は、絶望的。左岸は、なんとかなるかもだが、やってみないと分からない感じ。瀑岐さんが、かなり探ってくれていたが、難しいと戻ってきた。

そこで、対岸の尾根へと急斜面を登り、やせた尾根を辿ると、大垂滝が良く見えるポイントがあり、そこからは、素晴らしい眺めが展開。





よく見ると、ここにもニッコウキスゲが、咲いている。



この遠望地は、非常に狭く、一人ずつ交替で撮影。そればかりか、ここは、毛虫の楽園でびっくり。あっきーさんが、後で調べてくれたところによると、マイマイガと呼ばれる毒蛾が、大量発生しているらしかった。







帰りに下段滝をもう一度撮影。



できれば、上段を目指すつもりだったが、それにトライすることなく終わった。上段の滝下にあまり魅力を感じなかったのもあるが、対岸の尾根からの眺めの素晴らしさに満足したのかもしれない。段になって抉れたような岩盤を豊かな植生が覆い、そこを流れ落ちる滝は、何より美しかった。

まぼろしと呼ばれる大垂滝、上段は、まさに幻・・・

あっきーさん、
のぶさん、瀑岐さん、はなごやさん、Lumix、WATAさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M1
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Panasonic Lumix DMC-FT4