2014年12月30-31日
大峰山脈


01540_C310035


忘れ得ぬ山・・・


PHOTO GALLERY


北八から大阪へと帰った私は、一日おいて嫁さんと再出動。久しぶりの大峰にちょっとワクワク。以前から大峰の霧氷を見たいと言っていたはんぺんさんとゆかちゃんも2014年が終わろうとしているのに遙々飛んできた。


02540_1020862


母子堂をゆっくりとスタート。

枯れた眺めが続き、考えることは、上の方の霧氷の状態。天気は微妙、気温も微妙、ガスっているのは、霧氷的に良いが、気温が高めなのが心配。

そんなことで、ちょっとテンション低めだったが、標高が上がるにつれ繊細で儚い白に包まれ出し、変わっていく世界に一安心。


03540_C302063



04540_1020939



05540_1020991


小屋に着き、少し明るく暖かい感じになってきたと思っていたら、ガスが流れて「おぉ〜」。


06540_1020997


まだまだ「来た〜」と叫ぶほどではないが、ほんの少しの間のご褒美を見て撮って楽しむ。


07540_C302077



08540_1030022



09540_C302085



10540_C302104


さあ行こう。この先、山頂迄あると思っていたトレースは無く、霧氷に覆われた綺麗な雪面が続いている。そこを軽くラッセルするのは、しんどいが心地良い不思議な感覚。


11540_C302121



12540_C302142


尾根筋ではなく夏ルートを辿る。


13540P1090106



14540_C302178



15540_C302198


大日のトラバースにステップを刻む。背中の荷物と何より自分の体が重い。


16540_1030102



17540P1090160



18540_1030127


トラバースを越えて、「最後やから普通に歩いてきたわ」と嫁さん。


19540_C302214


ここからも夏道を行くことができそう。嫁さん先導でラッセル。


20540_C302220


できれば、山頂から夕暮れのドラマを拝みたかったところだが、完全にガスに覆われて全く無理そう。諦めて今宵の宿を設営し、ゆっくりと過ごす。


21540_C302229


起きてみると、ガスは何処へやら。テント越しに「何時何分しゅっぱ〜つ」と声を掛け合って、いざ山頂へ。


22540_1030173


夜明け前の一時。移りゆく色合いと、幻想という言葉が似合う空気感、それが好きな嫁さんは、「もう少し早く来れば良かった」とぽつり。


23540_1030194


そして、皆が「あっ」っという声を出し、感動の瞬間がやってくる。それは、雲の向こうからではなく、雲の中から。


24540_C312255


そのパワーは、雲と溶け合い、揺らめく光の内に秘めているよう。紅すぎるほどに紅かったその色を詰めた露出で再現しようと試みるが、なかなかに難しい。


25540_C310034



26540_C312256



27540_C310049


雲の上へと達した光は、辺りを得も言われぬ色へと染め上げていき、繊細かつごつい霧氷が、これまた最高の美しさで答える。


28540_C310058



29540_1030233



30540_C310064


光が飽和するように満ちていき、冬の朝を暖かく包み込む。晴れた素晴らしき朝に感謝。


31540_C312259



32540_C310068


テントへと戻る途中も、まだまだ朝の色合いが美しく、簡単には帰り着かない。


33540_1030276



34540_1030283


撤収して見上げれば、今度は、碧と白の世界。はんぺんさんに「明日晴れれば、帰ることができませんよ」と言っていたが、本当にそうなったことが嬉しい。


35540_C312287



36540_C312289



37540_C312291



38540_C312297



39540_C312298



40540_1030302



41540_1030329


帰りは、楽々。


42540_C312319



43540_C312343



44540_C312359



45540_C312366



46540_1030398



47540_C312396



48540_1030413



49540_C312409


天気が良すぎて気温が上がり、霧氷は、どんどん溶けていく。それでも、はんぺんさんは、「レベルが違う〜」とご満悦。何と?


50540_C312419



51540_1030401



52540_C312425



53540_C312433


美しき霧氷の森を通過するのは容易ではなく、我々にとっては、最高の難所かもしれない。


54540_C312446



55540_C312448



56540_1030416



57540_1030464



58540_C312467



59540_C312489


霧氷に目が回りながらも、何とか小屋へと戻ってくる。この日に登ってこられた登山者の姿もあり、穏やかで暖かい雰囲気に包まれていた。


60540_C312518


この地に特徴的な繊細で鋭く大胆な霧氷。そんな白に覆われれば、大峰という山は、最高の時を迎える。

昨シーズンは、見ることができなかったが、それを決して忘れることはなかったし、これからも忘れることはないだろう・・・

はんぺんさん、ゆかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GX7
LUMIX G VARIO 14-45mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.

Panasonic Lumix DMC-GM1
LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.

OLYMPUS OM-D E-M10
LUMIX G VARIO 14-42mm / F3.5-5.6 II ASPH. / MEGA O.I.S.
LUMIX G VARIO 45-150mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.