2015年1月24-25日
大峰山脈


53_1240352


やっぱり綺麗・・・




熊渡に到着しましたが、辺りはまだまだ真っ暗です。
他にも準備されてる方が居られました。
COOPERさん、アンニョンさん、マコサーフさんでした。
初めましての嬉しいご挨拶です。

こんな風に撮ってみたいなと思う素敵な写真のブログをいつも楽しみにしていて、きっとどこかでお会い出来るだろうと思っていました。そして、私より遙かに喜んでいたのはパンダでした。自分と同じ様な方向性の方との出合いはあまり多くないので、いつになく嬉しそうに会話してました。

もっと話をしていたかったみたいですが、なにぶんのんびり歩きの私達なので、これからの行程も気になります。
そろそろ行くで〜のオーラをかもし出します。予定のルートも私達と同じとの事でしたので、また後ほどに、という感じで先に出発しました。


01_1030478


カナビキ尾根には急坂を一直線に延ばしたトレースがありました。


02_1242932


尾根最後の急登を前に先に出ると、サラサラでたっぷりと積もった雪との格闘です。


03_1242938


ハイハイ歩行で川合からの出合を目指して頑張ります。
パンダはというと、いつもの如く、深雪に足を取られてもがき苦しんで撃沈してます。
その後、何組かのパーティーが登って来られました。


04_1242945


空を見上げると、太陽の光が霧氷をきらきらに輝かせてます。
休憩もそっちのけでカメラを向けます。
気付けば、皆さん出発されていて最後尾です。


05_1242951



06_1030499



07_1030500



08_1242963



09_1242972


夏道を辿り進みますが、あちらこちらの綺麗な霧氷に目移りしてしまって、超スローペース。前方には、同じく撮影を楽しみながら超スローペースなCOOPERさん達が居られます。

そりゃぁこうなるかなぁ…なんて妙に納得しながらもなんだか嬉しくなります。


10_1030545



11_1030560



12_1243021



13_1243040



14_1030583



15_1030587


高崎横手でCOOPERさん達に続いて休憩をとった後、明星ヶ岳へ。
雲ひとつ無い空が、霧氷と滑らかな雪面を眩しいほどに輝かせます。
その輝きが空をより深く蒼く見せくれてる様は何度でも感動します。
パンダ風に申し上げますと、「あぁ〜、来て良かった」かな。


16_1243071



17_1243085



18_1030622



19_1243111



20_1030644



21_1243127



22_1240325



23_1243128



24_1030668



25_1240334



26_1243131



27_1240343



28_1240344



29_1243134



30_1243137



31_1243149


明星ヶ岳へは、霧氷のトンネルを潜るように進みます。


32_1030736



33_1030748



34_1243162


八経ヶ岳へと続く稜線を眺めての休憩は、最高の気分です。


35_1030758



36_1243172


前のように明星にテントを張る案もありましたが、この天気を逃すわけにはいきません。再びCOOPERさん達に続いて進みます。


37_1243173


蒼い空とゴツゴツとしたエビの尻尾の間を抜けてまだまだ感動と撮影の歩行が続きます。
時折、「くはぁ」というパンダの唸り声とCOOPERさん達の雄叫びが何度となく聞こえてきました。


38_1243177



39_1243178



40_1243180



41_1243182



42_1243186



43_1243187



44_1243188



45_1243189



46_1030766



47_1243191



48_1243196



49_1243197



50_1030784



51_1243200



52_1243202



53_1240352



54_1030799



55_1240363



56_1243208


ようやくたどり着いた山頂からは、周りのお山が見渡せて最高の景色です。

ここでも撮影に忙しいパンダですが、今日はCOOPERさん達との記念撮影も楽しんでました。


57_1243209


そして今朝、カナビキ尾根を先行して下さっていた、単独の女性が続いて登って来られました。

お話させていただくと、頂仙岳にも登って遊んできたそうで、驚きです。カナビキ尾根の急坂を一直線に延ばして、また的確に巻き道を捉えて進んでいたトレースにも感心しましたが、いやはや、本当に凄い女性です。


58_1243210



59_1243211


八経ヶ岳を後に、弥山への登り返しを進みます。


60_1030812



61_1243220


皆さん、満点の笑顔で弥山に到着です。


62_1030844


ここからは、時間との闘いです。夕暮れの時を気にしながら、慌ただしくテントを設営してスタンバイします。

ところが、さっきまで何も無かった空に雲がどんどん流れ込み、刻々と赤く染まっていく太陽のほとんどを覆いつくしてしまいます。何か薄暗く不気味さをも感じました。


63_1243233



64_1243234



65_1240368



66_1243236



67_1240372



68_1243249



69_1240382



70_1240400


すっかり日も沈んでしまった頃、頭上に綺麗なお月様が見えてました。


71_1243273


夜中、強く吹き付ける風にテントが煽られましたが、迎えた朝はとても穏やかで静かです。
テントから辺りを覗いてみると、COOPERさん達はすでに撮影をされてました。
準備にあれこれ時間のかかるパンダを急かして、テントから飛び出します。


72_1253275


静かな空間にパンダの押すシャッターの音が聞こえます。


73_1250405



74_1250407



75_1250413


とても綺麗な朝焼けを楽しむことができました。


76_1250416



77_1253280



78_1253289



79_1030921



80_1030927



81_1253298



82_1253305



83_1253307



84_1253313



85_1253314


COOPERさん達に下山の挨拶をしますが、またまたパンダは会話が弾んでしまいます。
仕方ないので、再び、そろそろ行くで〜のオーラをかもし出してようやく出発です。


86_1253321



87_1253323



88_1253326


狼平を過ぎた頃には、昨日とは全く変わってしまった景色の中をとぼとぼと下山しました。


89_1253348



90_1253358


今シーズンは私のなかで、弥山、八経ヶ岳へ行く事を優先にしてたので、歩く事が出来て良かったです。
ましてや、とても綺麗な情景をたくさん見ることができました。
今年の雪山はもう満足かなぁと思えるような、二日間でした・・・

COOPERさん、アンニョンさん、マコサーフさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GM1
LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.

OLYMPUS OM-D E-M10
UMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.
LUMIX G VARIO 45-150mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.


撮影機材データ1

撮影機材データ1



撮影機材データ2

撮影機材データ2



撮影機材データ3

撮影機材データ3