2015年2月7日
北アルプス


16_2073482


Blue droop・・・



北アルプス某所。この日は、WATAさんの滝見物に乗らせてもらう。

発電所がある為か、その手前まで林道が除雪されていて、施設までもトレースがあった。しかしながら、その先は当然のように新しい雪があるのみ。


01_2073361


早いWATAさんを一生懸命に追いかけて遡行開始点に到着。


02_2073364


あまり下を歩いてハマってはたまらないので、斜面を頑張ってトラバース。


03_2073367


WATAさんによると、以前は最後の方を高く巻いたらしかったが、雪が多く水線近くをカニ歩きを交えて突破。


04_2073369


見えてきた。青く光る氷が素晴らしい。


05_2073371



06_2073373


強固で厚い氷が圧倒的。完全な逆光線で影の中だが、その分、より青く見えているのかもしれない。


07_2073386



08_2073397



09_2073399


ゆっくりと楽しんだので、隣の滝へ。ピッケルを出して七枚目の写真の右上の壁を登る。

WATAさんが履いているスノーシューには、本当に驚いた。この壁は、簡単に登れるような傾斜ではないが、この可愛らしい形をしたスノーシューは、ある仕組みにより、ガシガシとキックステップを決め、力強く登っていく。


10_2073416


そして、隣の滝の開けた前へと乗り上げる。


11_2073428



12_2073445


さっきのも凄かったが、こっちはさらに凄く、あり得ないような美しさ。鋭く延びる氷と透明感際立つ青に口あんぐり。


13_2073466



14_2073471



15_2073474


私は、それ程には凍った滝を見ていないが、数多く見ているWATAさんも「こんなに青く綺麗なのは無い」と満足そう。あまりに美し過ぎて、首が痛くなるほど見あげても飽きることがない。


16_2073482



17_2073488



18_2073453


帰りは、どうするか。今度は、WATAさん、滝前から真っ直ぐに延びる急斜面を走って急降下。私のLightning Ascentでは、ずっこけそうなので、登って来たトレースを慎重に降りた。

滝の素晴らしさはもちろん、そのどこまでも青く透明な色を忘れることができない。そんな美は、純な水が凍りついてから、決して壊される事無くそこにあったからかもしれない・・・

WATAさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M10
LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.
LUMIX G VARIO 45-150mm / F4.0-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.


撮影機材データ

撮影機材データ