2015年3月14日
八ヶ岳


21_3140299


行くべきか行かざるべきか・・・



天気がよろしくないが、予報では午後から回復することになっている。天気が変わっていく時の何かを期待し、赤岳山頂13時頃登頂を目指しスタート。


01_3140126


徐々に天気が良くなってくるかと思っていたが、行者小屋が近付いてくると雪が降ってきて、トホホ。


02_3140136


晴れていれば、行者小屋から見える背後に聳える山々は、当然ながら何も見えない。


03_3140138


地蔵尾根を行く。とても静かで、休日の南八ツとは思えない。


04_3140181



05_3140182

びっしりと白くなった眺めが荘厳で素晴らしい。天気が悪いが、見たかった眺めを一人楽しむ。


06_3140189



07_3140210


誰もいないと思っていたら、早くも上からまとまった人数のパーティが降りてきて、無彩色の世界が、ちょっと華やぐ。


08_3140212



09_3140222


ふり返ると単独者が登ってくる。


10_3140230


ナイフリッジを通過。


11_3140235


お地蔵さん、ちょっと怖いお顔に化粧中。


12_3140240


ここまで上がってくると風が吹き付けてくるし、後続者も辛そう。う〜ん、他人事ではない。


13_3140243


久しぶりに見る風力発電を覆う尻尾。


14_3140250


積雪量もかなりのもの。


15_3140253


赤岳山頂にかけては、さらにガスガス。前に出ていった単独者が上部にいるが、小さな写真では見えないかも。


16_3140258


アップでとらえると、ガス、雪、風の中を一歩一歩と前進中。


17_3140264


状況は、ますます酷くなり、進むべき方向を慎重に見極める。厳冬期なんて言葉に拘る人がいるが、今日は厳冬期以上に厳冬っぽく、その洗礼をどっぷりと受ける。


18_3140275



19_3140288



20_3140291



21_3140299



22_3140303


予定の時刻の少し前に登頂。しかしながら、天気が回復する兆しは全くない。


23_3140310


山頂でパンを食ったりして、ほんの少しゆっくりしてから下山開始。雪を被って梯子が消えた急斜面を降りていく。

山頂までに文三郎から登ってきたと思われる何人かの人とすれ違ったが、風雪がトレースを完全に消してしまっていて、何時になくデンジャー。


24_3140316


立ちこめるガスと猛烈な勢いで下から吹き上がってくる雪に視界を遮られ、足下が良く見えない。際どくなった斜面をバックモーションを交えて降りていくが、幸いにしてピッケルとアイゼンが決まりすぎるほどに決まる。突き刺したピックが簡単には抜けず、安心感が高い。


25_3140317


中岳分岐付近まで降りてくると、急に風が無くなり穏やかに。写真を撮っていると、後ろに見えていた単独者も降りてきた。「大変でしたね。」と声をかけると、「遭難するかと思った」と・・・


26_3140323



27_3140339



28_3140352


やれやれと歩き出すと、急に明るくなってきて雪面が輝き出す。さっき言葉を交わした単独者は、ドカッと腰を下ろして休憩中。


29_3140364


阿弥陀も姿を現し、ガスが徐々に晴れていく。


30_3140374



31_3140376



32_3140378



33_3140379



34_3140382



35_3140415


一進一退を繰り返す天候に翻弄されるように楽しむようにゆっくりと歩いて行者小屋へ。


36_3140423



37_3140438



38_3140449



39_3140457



40_3140460


悪天時に山に入るかの判断は難しく、精神的に前向きになるのも難しい。しかしながら、ドピーカンでは見ることができないものがあるのも事実。

今シーズン、最初で最後になった南八ツ。結果的に期待したような何かは起こらなかったが、白き山肌に走る光が、とてもとても美しかった。それは、風雪を抜けた後のご褒美だったのかもしれない・・・



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II