2015年3月21-22日
北アルプス


19_3210824


不発・・・



今回は、朝夕のドラマに期待して唐松岳。リフトを降りると直ぐに良い眺めなんであるが、う〜ん、ちょっと霞んでる。


01_3210538



02_3210551



03_3210552


しばらくは暑い暑い、ゆかちゃんは上着を脱いで、はんぺんさんは逞しい腕を見せびらかして行進。雪が柔らかく、時々、お決まりのようにズボッ。


04_3210570



05_3210579


風が出てきたのか、上着を着用。


06_3210668


おぉ〜っと、フードまで被ってる。状況の変化が激しい。


07_3210681



08_3210688


丸山ケルンを越えると雪質が一変。固い雪面が歩きやすい。


09_3210695



10_3210746


唐松から不帰、五竜が迫ってくるが、霞んだ空気に冴えない。


11_3210750



12_3210759


そして、後立稜線に乗り上げると、そこからは剱が最高。いやいや最高の霞の中。


13_3210774


嘆いてもしかたがないので、とりあえずテントを張る場所を探してうろうろ。吹き抜ける風を避けることが出来る良い場所は無かったが、小屋東側に小屋の高さ程までの吹きだまりがあり、ここなら風の影響が弱そうと決定。

スコップがなかなか入らないカッチンコッチンの雪を三人で頑張って整地。


14_3210791


やっと完成。ひさ〜しぶりの三人用Skylight。ちょっと天気がましになったかも。


15_3210794


夕暮れ時、そろそろ行こうと唐松山頂へ。


16_3210817



17_3210820


やっぱり霞のせいか良い色にならない。


18_3210821


力弱きお日様。それでも、この時は美しく、見つめる先に何を想うのか。


19_3210824


元気にポーズをとっているが、かな〜り寒い。


20_3210828


霞の中へ静かな静かな幕切れ。


21_3210841


テントで宴を楽しんだ後は爆睡モードといいたいところだが、強風に揺れるテントと音に時々目が覚める。それでもよく寝ていたように思うが、はんぺんさんは、遅くまで寝られなかった様子。

朝もお日様が昇ってきてくれる。しかし、やはりパワー不足。


22_3220872



23_3220888


紅く染まる剱、それが今回の最大の目的だったが、それを見ることはできなかった。残念・・・


24_3220929


昨日の段階では、朝も唐松に登ろうと言っていたが、相変わらずの状態にパスして下山開始。


25_3220955



26_3220963


霞はとれないが、安定した天気がありがたく、眩しき雪の山を楽しむ。


27_3220987


雨が流れたのか、雪面に走る幾本もの筋も美しかった。


28_3221001


条件さえ良ければ、あまり苦労なく稜線に立てるここは、その素晴らしき眺めとも相まって最高のロケーション。今回は不発に終わったが、まだ見ぬドラマをとらえに、また訪れてみたい・・・

はんぺんさん、ゆかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II