RIMG0831


コンスタントライティング・・・



ヘッドランプは、どんどんと高性能化し、ルーメンを目安とするパワーは上昇の一途、一体どこまで向上するのだろうか。軽く使いやすく高性能になり、デザイン以外どれも同じように見えるヘッドランプだが、メーカーによる考え方の違いが製品の特徴となって現れているのも事実。

例えば、LOST ARROWのspring 2015のカタログからBlack Diamond、ストームのスペックを見てみると、全光束160ルーメン、電池寿命70時間(最大照度)となっている。なんとも凄いスペックだが、誤解を生じる表記である。一方でPETZLのカタログには、「100ルーメンの光を50時間持続させるためには、単4アルカリ電池75本分のエネルギーが必要です。」と書いてある。

この違いは何か、PETZLは、こうも書いている。「高出力のヘッドランプでは、最高レベルの出力が出る時間はとても短く、1時間もたたずに出力は半分に落ちてしまいます。」そこまで極端に落ちるかはともかく、実体験からして当たっているような気もするし、イメージ的には、下図のようになるらしい。


lighting-tech-standard-2


そう、160ルーメンは、新品電池を入れた点灯直後のスペックであって、どんどん落ちていく。70時間(最大照度)は、設定が最大照度になっているというだけで、か細くなっても点き続ける時間であり、決して実用時間ではない。そんなことから、PETZLは、一定の照度を保つというコンスタントライティングを提案し、その機能を持った物を製品化している。


lighting-tech-constant-2


それでは、実際にテストしてみよう。左がストーム、右がティカ R + 。ストームは、少し前のモデルなので160ルーメンはないが、高性能なのは間違いないところ。ティカ R + は、コンスタントモード三段階の真ん中、80ルーメンを6時間保つ照度での使用。もちろん、ストームは新品電池、ティカ R + は、満充電(リチウムイオンリチャージャブルバッテリー)。

下にいくほど時間が経過している訳だが、さすがに点灯直後は、ストームは明るい。但し、明るい部分がちょっと狭い。


01_5132192



02_5132195


ストームは、時間の経過と共にどんどんと照度が低下。これに対してティカ R + は、一定の照度を保持。


03_5142196



04_5142197


上の写真のようにストームが風前の灯火になってしまっても、ティカ R + は全く衰えないのはもちろん、驚くことに、さらにパワーを出すことすら可能である。ボタンのダブルクリックでブーストモードに移れば、10秒間ながら最大パワーで照射してくれる。

夜間歩行を考えた場合、ある程度の照度で照らし続けてくれ、遠くを確認したい時に最大パワーを出すという考え方は、非常に実用的ではないだろうか。普通のヘッドランプが、最大パワーを出せるのは点灯直後だけであり、落ちた照度を二度と取り戻すことはできない。


05_5142198


ティカ R + には、さらに進んだ光センサーにより自動で光量が調節されるリアクティブライティング機能があり、近くを照らすと弱く、遠くを照らすと強く、とてもスムースに調整される。


lighting-tech-reactive-2


次にBlack Diamondのスポットとティカ + でテストしてみよう。真ん中がスポットにアルカリ電池、左がティカ + にアルカリ電池、右がティカ + にニッケル水素充電池。ティカ + は、45ルーメン、6時間のコンスタントライティング。スポットの点灯直後は、やはりパワフル。


06_5142200


時間とともにスポットの照度が落ちていくのは、ストームと同じ。


09_5152206


ティカ + もブーストによりパワーが出せる。


10_5152207


そして、ニッケル水素充電池は、アルカリより先に暗くなる。エネループに代表される充電池は、強いようなイメージがあるが、単四電池を3〜4本使うヘッドランプでは、どのモデルで試してもアルカリ電池に圧倒的な差で負けてしまう。

この後、ティカ + は、リザーブモードに入り、アルカリ電池であれば、低照度ながら24時間以上点灯し続ける。(その後、どこまで点灯し続けるかは、やってないので分からない)スポットも同様に点灯し続ける。ニッケル水素充電池の方も点灯を続けるが、よ〜く見ると点いているが、殆ど点いてない程にパワーが無くなる。したがって、ヘッドランプにニッケル水素電池を使うのは考えた方が良いかもしれない。


11_5152208


ヘッドランプに適しているアルカリ電池だが、低温になる雪山では、極端にパワーが落ちてしまう。冬場は、高価なリチウム単三にて運用していたが、コスト面では厳しい選択になる。

何とかならないかと思っているときに、PETZLには、カメラのようにリチウムイオン充電池を使うヘッドランプがあるのを見つけ、マイナス20度までの低温対応となっていて、マイナス20度で100パーセントの力を出せるかはともかく、かなり期待できるのではないかと考えた。そんなことから、ティカ R + の導入となった訳だが、リアクティブライティングの他、コンスタントライティングという優れた機能を知り、夏場用にティカ + も導入となった。

お世話になったストームやスポットは、電池管理に苦労しながらも様々な場面で活躍してくれた。しかしながら、夜間行動が少し長くなると良く見えなくなってしまうことだけでなく、中心部がやけに明るく周りが暗いことから、なんとなくぼやけたような感じで見にくいような気もした。ティカ RXP ではなくティカ R + 、ティカ XP ではなくティカ + を選んだのは、スポットビームによる遠方照射よりもミックスビームによる全体的な照射に期待してのこと。比較的ムラの少ないパターンで照らしてくれる。

少し下山が遅れた程度や早朝出発等、普通の使い方であれば、現在の高性能なヘッドランプであれば、十分な性能を持っている。しかしながら、決して褒められたものではないが、少し長い夜間行動や冬場の夜間行動を経験すると、やや不安があるようにも思う。限りあるエネルギーから取り出せる力をどう使うか、コンスタントライティングという考え方は、リスクに対する備えとして、検討する価値があるように思う。