2015年5月2日
蓮川 絵馬小屋谷


15_5021730


ゴルジュを覗け・・・



二ノ俣谷、光谷と無事にこなし、お次は絵馬小屋谷。絵馬小屋谷と言えば蓮川だが、古い資料を見ると蓮川ではなく大又川となっているが、本当のところはどうなんだろうか。

この日は、参加者が増えただけでなく、野江股に入るパーティや釣りの方もいて、林道奥の駐車地は、とても賑やか。野江股に入ったのは、あのzippさん一行だと後で知り、ご挨拶できなかったのが残念。


01P1090984


岩を乗り越えるだけでもヨイショっとしんどい。既に体はふらふらだが、五所ヶ滝までの予定なので、まあ何とかなるかという感じ。


02P1090990


光谷に続いて行合。こっちの方が両岸高いかも。


03P1100010



04P1100019



05P1100024


観音滝で当然のように休憩。光の関係から帰りにまた寄るような気もするが、とりあえず撮影。周りの緑と鋭い岩を流れ伝う水が、なかなか綺麗。


06_5021614



07_5021629



08P1100040



09P1100051



10P1100065



11P1100074


そして、両岸グーっと迫り、前方塞がる期待の場所。


12P1100085


五所ヶ滝ゴルジュの入口に出てみると、本当に驚いた。そこにあるのは、想像を遙かに超える造形の妙。

滝上にも開いている大きな空洞は一体何だ。かつてそこにも水が流れていたのか。あまりに不思議な景観と行き詰まり感、そんな大自然の驚異に圧倒されてしまう。


13_5021675



14_5021640



15_5021730


五所ヶ滝ゴルジュを覗き見るには、右岸から巻き上がらないと良く見えないとされる。しかしながら、右岸巻きは、やや厳しいらしく、今回は左岸から巻き上がって右岸を下降する作戦。

そんなことで、左岸から滝上へと出てみると、そこには穏やかに流れる淵があった。


16P1100109


この穏やかな流れから一転。狭〜いところを急降下して五所ヶ滝ゴルジュが始まる。


17_5021755


ゴルジュに沿った右岸は、急傾斜で下っていてロープが必要と思っていたが、実際には歩いて登下降できる程度の斜面。それでも中を覗くためには、際どいところに立つ必要があり、ロープやスリングで確保しながら撮影。


18P1100114


岩盤には幾筋もの模様が刻み込まれ、その間の狭き通路を水が滑り落ちる。この模様が意味するところは何だろうか。


19_5021786



20_5021796


少しの間カーブを描いて落ち着いた水は、またまたチョックストーンの際から滑り落ちていく。


21_5021781


そして、流身を捻らせながら狭い出口へ。これまた圧巻の眺め。


22_5021802


出口の周辺は、もの凄い眺めとしか言いようがない。水の流れだけでこんな風になるとは、とても理解することができない。


23_5021817



24_5021827


下から見た最下段上の空洞は、空洞ではなく抉り取られ磨かれたような大きな溝であった。もう全てが謎に満ちていると思えるような景観。五所ヶ滝が、これ程のものとは想像だにしなかった。


25_5021892


ゴルジュ右岸沿いには、zippさん情報によると、支流からいくつかの滝が落ちているらしかったが、その中で近くに見えている柴小屋滝に寄ってみた。新緑を纏った滝に丁度光りが差し込み、キラキラと輝く姿が、五所ヶ滝と対照的な美しさ。


26_5021917



27_5021940


谷を戻ると観音滝にも光が廻っている。往きとは違う滝姿を見て、やはりシャッターを切ってしまう。


28_5021955



29_5021960



30_5021972


まさかまさか、五所ヶ滝がこんなに凄いとは思ってもみなかった。上から見ただけでも、その凄さは写真という小さな枠に収めるのはとても難しい。そればかりではなく、真の姿を拝むには、ゴルジュの中に降り立たねばならないのかもしれない・・・

あっきーさん、江戸切子さん、臆崖道さん、山ノ神さん、はんぺんさん、ひこさん、ゆかさん、WATAさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

Panasonic Lumix DMC-FT4


撮影機材データ

撮影機材データ