2015年5月30日
滑川 四ノ沢 奥三ノ沢


40_5302735


明るい沢・・・



この日、目指すのは、中央アルプスの西側の滑川の奥。敬神ノ滝小屋に車を停めて林道を歩き出す。


01RIMG0014


堰堤を越えたところから沢へ。


02RIMG0028



03RIMG0039


雪解けによる水量を期待してきた訳だが、予想通りというか予想以上というか水に勢いがある。徒渉と巻きの繰り返しを強いられ、ゴロゴロゴーロのお気軽歩きを許してくれない。


04RIMG0049



05RIMG0055



06RIMG0058



07RIMG0064



08RIMG0089


それにしても水が綺麗。降り注ぐ光が、その透明感を一層際立たせている。


09RIMG0105



10RIMG0099



11RIMG0132



12RIMG0160



13RIMG0168



14RIMG0175


三ノ沢出合。思ったよりも進んでない感じ。


15RIMG0182


さあさあ行こう。まだまだ長い。相変わらず明るく綺麗な沢。


16RIMG0193



17RIMG0205



18RIMG0209


宝剣あたりだと思うが、こっちから見ると、かなり荒々しい。


19RIMG0217



20RIMG0236



21RIMG0244


雪渓が出てきた。


22RIMG0250


そこには、枝沢となっていて滝がかかる。


23RIMG0256



24RIMG0275


奥三ノ沢出合。F1を越えてF2の大滝を見に行きたかったが、ちょっと時間的に厳しそう。


25RIMG0290



26RIMG0299


さらに奥へ進むと、今度は右岸支流が滝となって出合う。


27RIMG0315



28RIMG0320



29RIMG0330


やっと来た。目的の四ノ沢出合。まだ大きな雪渓が支配している。


30RIMG0350


雪渓の下から滑川へと注ぐ四ノ沢の水。


31RIMG0358


雪渓の上を沢靴で歩いて大滝に近付いていく。何か変な感じ。


32RIMG0368


どこまでを一つの滝と見るかによるのだろうが、全部合わせると相当でかい。


33_5302630


雪渓を越えたところから逆くの字に登ると、広くて寛げる所に乗り上げる。


34_5302700


これが大滝そのものだろうか。飛び出した水が広がり、岩盤を複雑に流れ下る様が見事。


35_5302650



36_5302675



37_5302655


例によって滝上には雲が立ち込め、刻々と光線状態が変わるが、頑張って撮影。


38_5302690



39_5302710



40_5302735


帰りに奥三ノ沢F1前まで行ってみた。ここにも雪渓が残り、その雰囲気を出そうと撮ってみたが、う〜ん、いまいち。


41_5302783


地形図には、三ノ沢出合あたりから滑川右岸に敬神ノ滝小屋に至る破線道が記されていて、帰路にこれを探してウロウロするが、僅かに獣道程度の痕跡があるだけで、殆ど藪に覆われてしまっている。結局、その道を見つけることができなかった。おそらくだが、もう消失してしまっていると思われる。

四ノ沢大滝もさることながら、滑川の美しさには度肝を抜かれた。明るく美しい渓が、どこまでも続き、彼方に見えるのは3000m級の荒々しい稜線。そこに近付いていく爽快感は、体験したことのない素晴らしさだった。

親方さん、はんぺんさん、ゆかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

RICOH WG-5 GPS


撮影機材データ

撮影機材データ