2015年7月19-20日
上多古川 本谷 竹林院谷 阿古滝谷 


01_7204319


雨後の作戦・・・



19-20日は、上多古川を遡行する予定だったが、当初の予報とは違い19日の天気があまり良くない方に転んでしまう。

今回のメンバーは、昨日、水太谷へ行ったはんぺんさんとゆかちゃんにひこさんと嫁さんが加わった5名。もし雨になると、はんぺんさんと私が撮影している間、非撮影班は寛げないし辛いだろうと、天気が大丈夫そうな午後から道を使って多治良淵へと下降することに変更。

ところがところが、林道を塞ぐ倒木は力業で動かしたものの大きな落石に阻まれてしまう。てこの原理でなんとかしようとすると、僅かながらに浮き上がるので始末が悪い。結局、動きそうという期待は見事に打ち砕かれ林道を戻って駐車したが、この大岩との格闘に随分と時間を取られてしまった。

下の画は、仕切り直して歩いていった時に撮影。


02RIMG0365



03RIMG1771


このクソ暑いのに沢ではなく道を行くのはやはりしんどい。あまりに暑いので「こりゃあかん。二度とせえへん。」と呟くと、ひこさんも大きくうなずいて「しんどい。向いてない。」なんて言っている。すると、小さな支流が現れ、水を飲んでかぶって体を冷やすことができ助かった。


04RIMG1790


この黄色い案内板のところから下降開始。


05RIMG1792


降り着いたところは、多治良淵の少し下流。


06RIMG1799



07RIMG1807



08RIMG1819



09RIMG1814


多治良淵に到着。


10RIMG0391


水は少し濁っているが、豊かな水量が良い感じ。何より久しぶりに見る大きな釜に癒される。


11_7194192



12_7194232


それでは行こうと左岸から巻いて上流へ。


13RIMG1838



14RIMG1847



15RIMG0406



16RIMG1865


竹林院谷出合。上の方が明るくなってきて、天気が回復してきてそうなのが嬉しい。今日は水量があり、見事な十字峡を形成。


17RIMG0409


竹林院谷上方には、輝く六字滝の噴射。


18RIMG1886


右岸支流にも立派な滝。


19RIMG1891


竹林院谷出合の平坦地は、もっと広いと記憶していたが意外と狭く、何とか三張りのテントを設営。

はんぺんさんとゆかちゃんが担ぎ上げてくれた肉は、一体どれだけ持ってきたのという感じで、次から次へと出てくる。網焼きから石焼きへとバリエーションを変えて、焼いて焼いて焼きまくる。沢泊には贅沢すぎるごちそうで満腹になり、明日への期待を胸に眠りについた。


20RIMG0418



21RIMG0422


翌日は予想通りの良い天気。光差し込む清々しい朝が気持ちいい。

購入してから何年たっただろうか。初めて使ったBlack DiamondのHILIGHT TENTは、長さがちょっと足らない感じだが、沢では、また使うかもしれない。


22RIMG1900



23RIMG1913


さあ、白く光る六字滝へ行こう。


24RIMG1931



25RIMG0436


バッチリと見えてきた。素晴らしい水量に素晴らしい青空。


26RIMG0442


近付いても素晴らしい滝姿。台風一過の、らしくない澄んだ空が大きく広がっている。


27_7204257



28_7204277


落口に見える炸裂の上にも滝が続いているようだが、ここからでは、それを見ることはできない。


29_7204287



30_7204309



31_7204361



32RIMG0478



33RIMG0487


嫁さんは、私と共にうろうろして写真を撮ったりしてくれているが、約二名は日向ぼっこを満喫?


34RIMG0502



35_7204304


台風が洗い流してくれたのか、例の上流の影響を感じることもなく、舞い散る飛沫が爽快。


36_7204313



37_7204341



38RIMG0535



39_7204366



40_7204325


六字ノ滝を楽しんだ後は、撤収して上多古川の遡行。


41RIMG1970



42RIMG1979


阿古滝谷出合までは、特に何もないと思っていたが、ここも記憶とは違い大岩の乗越などが結構大変。


43RIMG1988



44RIMG1997



45RIMG1999



46RIMG2003



47RIMG2008



48RIMG0550


二股を左にとって阿古滝谷へ。本谷をそのまま詰めた記録を見たことがないが、ちょっと気になる。


49RIMG2012



50RIMG2015



51RIMG2018


阿古滝谷は穏やか。


52RIMG2023


そして、阿古滝。う〜ん、いい水量。


53RIMG0557


ちょうど滝頭に陽が当たる最高の時。


54_7204416



55_7204376


滝水は右へ左へとダンスし、静かな大空間を飛沫で満たしていく。水の無かった前回から7年、目の前にある素晴らしい姿にとても満足。


56_7204421



57_7204466



58RIMG0563



59_7204489



60_7204501



61RIMG0583



62_7204511



63_7204528


阿古滝のジャンプは、この美しい放物線から始まる。


64_7204571


脱出は、右岸の壁を廻りこんで大きなルンゼを登り、滝上の道へ。


65RIMG2035


下山していくと、遠くに六字ノ滝。下からでは見ることができなかった上部が見え、さらに長大な滝であることが分かる。霞んでいたしブレてしまったしで、写真的には失敗。


66_7204583


上多古のいいところを飛ばしてしまったのは残念だったが、雨後の大水量を狙う作戦は大成功。チャンス少なき二つの大滝が、その素晴らしい姿で迎えてくれた・・・

はんぺんさん、ひこさん、ゆかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

RICOH WG-4 GPS
RICOH WG-5 GPS


撮影機材データ

撮影機材データ