2015年10月3-4日
往古川 狸谷 小木森谷


65_A046787


清絶・・・



今回は、臆崖道さん家の企画に乗っからしてもらって往古川。事前に相談しているときに、ちょっとしたチョンボ作戦を思いつき、その迷案かもしれない名案で小木森を楽しむことに。

先ずは、車二台で林道を上がり、小木森滝落口へと通じる仕事道の入口に一台デポ。もう一台でハゲオロシ谷下降点へと下る。ハゲオロシ谷だと思って降り始めてた谷は、その枝谷だったようで、大きな違いはないが、少し降ってからハゲオロシ谷に合流。


01RIMG5369


途中、岩の下にぶら下がる蜂の巣を見つけてびっくり。スズメバチだろうでっかい巣に刺激を与えては一巻の終わり、静かに慌てて逃げ去る。


02RIMG5377


狸谷へと降り立ち、蜂の恐怖から解放されてホッと一息。よく覚えてないが、この穏やかな渓が綺麗だったんだろうか、立ち止まって皆で撮影。狸谷は、新宮山の会の「南紀の山と谷」には、樋ヶ谷との記載があり、かつてはそう呼ばれていたのかもしれない。


03RIMG5387


少し進んで行くと、差し込む光と出会う嬉しい時。もちろん、綺麗な水色を見て足が止まらないわけがない。


04RIMG1904



05RIMG5413



06RIMG5417



07RIMG1916


そして、右岸枝谷からの大きく立派な滝と出会う。まだ下部は影の中だが、その分、上部は一段と輝かしい。


08_A036185



09_A036200



10_A036190


両岸狭まりゴルジュっぽくなってきて、その奥には白き噴射。


11RIMG1936


どれどれと覗き込むと、見事な佇まい。この碧っぽく美しい水色は、往古川界隈では初めて見るような気がする。


12_A036212


この滝を越えると、その美しき水は、さらに純度が増したよう。


13RIMG1945


奥には、またまた大きな滝が見え、二条の滝から注がれた水が大きな釜に湛えられる。あまりに美しく、まさに夢のよう。


14_A036227



15RIMG1961


下から見えていた滝の前。


16RIMG1970


この枝谷から落ちる滝も立派。上段は、かなり高い。


17_A036251


美しき水は、何処まで続いているのだろうか。


18RIMG5486



19RIMG5491



20RIMG5507


それは、このケン淵滝の大きな壺が源のようにも思えるが、そうではないだろう。


21RIMG1987



22_A036260


ケン淵の壺に、ここまで陽が差し込むのを見るのも初めて、躍動する水と美しき壺を前に、思わず雄叫びを上げる。

豊かな植生に彩られ、強固な岩盤に支えられた乱れのない滝空間は、台高を代表するに相応しい見事なものだと思う。


23_A036280


上部の木々は、色づき始めたばかり。あの深紅に染まったケン淵も懐かしいが、盛夏の姿も気になる。


24_A036320



25_A036302


なんか泳いでる人が。何時もながらに元気満タン。


26RIMG1999


美しい壺を見下ろしながら巻き上がる。


27RIMG5516


ケン淵滝の上には湧き水が注ぎ、直ぐにまた大きな滝をかける。


28RIMG2015


大淵滝も是非とも見てみたかった滝。もちろん、素晴らしい滝姿をしているが、何か滝名が変。ひょっとして、いつの間にかケン淵滝と名前が入れ替わってしまったのかもと思えてしまう。


29_A036330



30_A036346


小木森谷に入っても水が綺麗。僅かに進んだだけだが、もう今回の難所と思われるCS滝が見えている。


31RIMG5557


そして、CS滝の向こうには、小木森滝の大噴射が見えていて、距離的には短そう。


32RIMG5573


さてさてどうしようか。左岸ルート工作をするつもりでカムまで持ってきたが、暗くて寒そうだし、結構濡れそう。そんなことで、右岸から安直に巻いてしまえと取り付いたが、これが失敗。

先ず、一番低いところにあるバンドを探ってみると、少し進んだところで張り出した岩に阻まれる。この岩盤を越えるには、際どいところを少なくとも、もう一段登るしかなさそうだが、その先もまったく読めないので諦める。もっと簡単なルートがあるはずと、それらしきところを次々に探るが、どこも一緒で張り出した岩を越えることができない。一カ所、木々の手がかりがあり、行けるかもと思えるところがあったが、さっきロープをFIXしてフリーになってしまっていたので無理は禁物、ここも諦める。


33RIMG2021


結局、どんどん追い上げられてしまい、小木森滝がドーンと見える張り出した岩の上に全員が立った。さてさてさてさてどうするか。ここから懸垂で降りた記録、そのまま右岸を大きく巻いた記録もあるが、懸垂は下の様子が全く分からず、途中で詰まると大変なことになる。右岸大巻も時間がかかりそう。

元々、今回の計画では、小木森滝から車のデポ地まで直ぐなので、泊装備は取りに戻るつもりで、担がずに車に置いてきてある。また、小木森滝の陽当たりを見ると、明朝の方が良い可能性が高いだろう。そんなことで協議の結果、ここまでとしても仕方がないと撤退することとなった。大淵滝まで戻り、そこから林道へ這い上がってデポ地へ。残念ではあったが、間違いのない選択だったと思う。

気持ちを入れ替え、焚き火とおくがけどさん家が用意してくれた鍋料理などなどをゆっくりと楽しむ。元気に帰還できたことが何より。


34_A036359


翌朝、絶好の天気の下、小木森滝へと降り立つ。昨日の撤退地点と急峻な地形を見ると、今や簡単に来ることができるようになったことが嘘のよう。


35RIMG5587


秋の澄んだ空と虹を架けた小木森が鮮烈。


36_A046396


大水量とは言えないかもしれないが、十分に満足できる水量。大水量の時には、とても撮ることができない所から撮影を楽しむ。


37RIMG2077



38_A046490


影に支配されていた滝壺にも、しだいに陽が届いてくる。光が大岩壁を降って行く、この時が好きでたまらない。


39_A046507


何回か来ている小木森滝だが、この日の滝壺は、かつて見たことがない程に美しい。


40_A046526


残念ながら下段の滝前は荒れているが、この急峻極まる地形の中において、上段の下には奇跡のような大地が広がる。そこから見ることができる美しくも揺るぎない姿は、小木森が単なる大瀑ではない証。


41_A046557


落口は遙かに高く、レンズを向けると、まるで空を狙っているかのよう。


42_A046457



43_A046571



44RIMG2093


輝く瀑水、壺に湛えられた魅惑の水色、大きな弧を描く虹、強固な岩盤、冴えわたる空、素晴らしき絶景にブラボー!


45_A046585



46_A046655



47_A046607



48_A046675

続いて、小木森滝落口へと向かう。嫁さんは、嬉しそうにウロウロ。


49RIMG5594



50RIMG5614


落口から何を見たのだろうか。


51RIMG5626


さっき降りてきたばかりの小木森滝の上の滝。水の透明感が、昨日にも増して素晴らしく感じる。


52_A046691


穏やかに続く渓。影の中でも水の透明感が高い。


53RIMG5650



54RIMG2111



55RIMG5660



56RIMG5672


そしてそして、この世のものとは思えぬような美しき淵の登場に唖然。


57RIMG5680


水の揺らぎの中に見える色を何色と呼べばいいのだろうか。この色は、どこから来ているのだろうか。とても表現しずらい不思議な色に打ちのめされる。


58_A046701



59RIMG5683



60_A046715


奥の大滝手前の滝。大きな壺が砂利で埋まり、狭く浅くなってしまったかも。


61RIMG5710


それでも、綺麗な水色に変わりはない。


62_A046732


左岸からの巻きルートにはトラロープが張られているが、最後のところで斜め懸垂が必要。前回は、これを嫌って、もう一段上から真っ直ぐに降りたが、今回は下から斜めに降りる。うーん、水流の中へと振られそうで、ちょいと難しい。


63RIMG5720


直ぐに続く奥の大滝も飛び切りの美しさで迎えてくれる。


64_A046777


大きな壁に囲まれたすり鉢のような中に落ちる特徴的な滝だが、この日の水の美しさには、すり鉢も霞んでしまう。


65_A046787



66_A046797


前回は、ここからの脱出に左岸を登って花抜峠からの道まで出てしまったが、その時から、もっと低いところに通っているだろう道のことが気になっていた。その道を探してみると、うまく見つかり、最短ルートでダイレクトに林道へと戻ることができた。

今回の計画が持ち上がったのは、随分と前だったと思うが、簡単に実行に移すことはなかった。水量と晴天が合わさる機会を待っていたからに他ならないが、その甲斐あって、とても印象的な沢旅になったと思う。

尾鷲湾からの吹き上げがもたらすといわれる多くの雨は、短い距離に急峻な谷を刻み、海へと還って行く。それらの谷には、魅惑的な多くの滝がかかり、銚子川と並んで往古川にもまた感動が約束されているような素晴らしい滝達が内包されている。往古川の滝には、何回か訪れているが、できれば狸谷から小木森谷へと通しで辿ってみたい。そんな想いをずっと持っていた。それは、滝だけでなく渓谷全体と触れ合えば、滝を単なる点で捉えるというようなことではなく、より深く感じることができると思うからだ。

実際に小木森谷から狸谷へ流れ降る水は、かつて見たことがないような透明感で、新たなる発見であると共に、まさに清絶と呼びたい程の美しさだった。何故そのような水が生まれるのか、答えに近付いたような気もするが、それは必ずしも正しくないのかもしれない…

臆崖道さん、山ノ神さん、どうもありがとうございました。



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

RICOH WG-4 GPS
RICOH WG-5 GPS


撮影機材データ

撮影機材データ