2015年11月21日
大峰南部


13_B219007


ゴルジュの中に…



気が付くと、もう秋の終わり。あまり気合いの入らない日々が続いていたが、これで最後と山梨から遙々走ってきた。

ここは、大峰の南端のような南紀のような、あるいは熊野と呼ばれたりする微妙な所。この辺りには、まだ見ぬ滝達がひっそりと落ちているらしく、そんな滝との出会いと、残っているかもしれない紅葉に期待。

一発目が、今回のメインとなる滝の探索。また来るであろうことを考えて、下流から左岸を大きく巻き上がって滝に近付く、落口付近から覗き込むと、凄いというか素晴らしいというか、何とも怖い。滝前へ行きたいので、左岸斜面を降って行くと、途中から切れ落ちていて容易ではない。懸垂すれば行けるかもしれないが、帰りのことを考えると無理は禁物。


01PB210172


諦めて下流へ降り、今度は遡行して接近を試みる。


02PB210187


側壁が高くなり、その底の綺麗な淵も深くなってくる。どうやら泳がないと突破できない感じ。


03PB210193


またまた諦めて、右岸から巻いていくと、沢が右へと急転回し、滝となって突き上がっていくのが見えてくる。


04PB210199


張り出した岩に囲まれた近付きがたいようなゴルジュ。そこを降って行く滝の流れは、どこまでも美しい。


05_B218749



06_B218764


まさかまさか、ここにこんな凄い滝があったとは。これが全貌か、さらに上にも続いているのか、さっき落口から覗いたにも関わらず良く分からない。とにかく素晴らしいの一言。

ここから滝前へも壁が立っている。懸垂で降りても大きな釜の周りに立てる所があるかは分からない。滝前は、暑い夏の楽しみにとっておこう。


07_B218734



08_B218807


滝を後にして、車に乗って移動。この道路沿いの谷は情報もあるが、何回か走っているものの、車を停めて滝を見るのは初めて。なかなか立派な滝だが、今回の狙いは、この谷のもう少し下流の滝。


09_B218844


道路から道を辿って沢に降り、少し遡行すると目的の滝が見えてくる。この滝は水量によって随分と姿が変わるようだが、それなりに水量がある良い時に来たかもしれない。


10PB210216


谷底まで陽が届かず、期待の紅葉もあまり良い状態とはいえない。それでも秋色の演出には十分。


11_B218924


撮影していると、光の動きを感じる。これは来るかもと待っていると、白いベールの上に鮮やかな色が浮かび上がった。


12_B218942


そして、その色の帯は二本になり、輝く白とのコントラストで最高の秋景色を描く。立ち去りがたい素晴らしき秋。この谷も何時か通しで辿ってみたい。


13_B219007


またまた車で移動して次ぎの滝へ。林道沿いの谷を吊り橋で渡り、少し道を辿ってから適当に斜面をトラバース、そして支流にかかる滝へと下降。


14PB210226


支流といっても大峰を代表する大渓谷の支流。そこには、とても立派な滝がかかっていた。夏場は滝壺に光が差し込み、より美しい姿を見せてくれそう。紅葉も良い年には、もっと鮮やかだろう。


15_B219024



16_B219044



17PB210253


右岸から巻いていくと、先程の上部であろう道に合流。上流方向へそのまま進み、左岸へと渡った道を辿ると、またまた立派な滝が落ちていた。


18_B219075


今回は、近くを通っても訪れることのなかった滝達を訪ねてみた。その滝達は何れも秘瀑というだけでなく、珠玉の滝と呼びたくなるように魅力的であった。

その中でも最初の滝は強烈な印象で、秘瀑中の秘瀑といっても差し支えないだろう。沢屋さんの記録ですら、この滝を見ないのは、その近付きがたさにあるのかもしれない。

ここの情報を発信してくれたある方に感謝…



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R


撮影機材データ

撮影機材データ