2016年2月7日
中央アルプス


21P2070836


荘厳なる頂…



お〜っと寝坊した。びっくりしたものの、駒ヶ岳ロープウェイなら大丈夫だろうと、慌てて飛び出す。
で、千畳敷に降り立つと、そこはもう別世界。

その眺めを一言で表すと、絶景という言葉以外見当たらないような素晴らしさ。大きな白き世界に続く人の列は小さな点。


01P2070455



02P2070467



03P2070476


簡単に来ることができるからと否定する必要は全く無い。白と碧とのコントラストは、これぞ雪山といった眩しさ。


04P2070479



05P2070539



06P2070548



07P2070583


稜線へと乗り上げると、前に来たときよりも白さ際立つ感があり、またまた素晴らしい。


08P2070593


宝剣を見上げて、う〜ん。


09P2070656



10P2070668



11P2070680


しばらくウロウロしていたが、テクテク歩いて宝剣の取り付きへ。


12P2070689


先行パーティがいたが、準備中なのか悩んでいるのか、てな状況だったので、お先に行かしてもらう。


13P2070698


冬化粧した岩と白き雪面。荘厳な眺めが続く。どこで落ちても終わってしまうので、慎重に歩を進める。


14P2070713



15P2070716



16P2070724



17P2070740


右へとトラバースするルートもありそうだが、やはり直上か。何れにしても危うそう。


18P2070763



19P2070772


頂上へと続く最後の壁は、これまでの経験で一番デンジャーだったかも。思ったより雪が薄く柔らかく、打ち込んだピッケル、蹴り込んだアイゼンとも不安定で決まらず、心許ない。ピッケルをもう一本持ってきたら良かったと思う。


20P2070781


誰一人いない頂上は素晴らしい高度感。360度切れ落ちているような眺めに身震いする。


21P2070836



22P2070802



23P2070803



24P2070845



25P2070869



26P2070857


南側に少し降りて、また違う眺めを楽しむ。この下を巻くように夏道があるようだ。


27P2070952



28P2070876



29P2070929



30P2070970


写真を撮っていたら、アイス用のピッケル二本の他、バリバリ装備の単独者が現れてびっくり。聞くと、同じように北側から登ってきて極楽平の方へ行こうとしたが、断念して戻ってきたとのこと。

この方、後から登ってきていたパーティが最後のところで苦戦しているのを見て、ロープを下ろしてサポート。格好いい人だった。


31P2070953


下山は、さらにデンジャー感が増す。一歩一歩こなしてホッと一息。


32P2071003


駒ヶ岳にも登ろうと思っていたが、もう満足。今後のために、この辺りをうろうろして下山。


33P2071025



34P2071030



35P2071070



36P2071085



37P2071139


風呂に入って、ソースカツ丼を食って中央道を走ると、ちょうど八つが焼けているのが目に飛び込んでくる。諏訪湖SAに飛び込むみシャッターを切ると、それは直ぐに終わってしまった。


38P2071195


宝剣は、短い距離ながら、厳しくも美しい雪山が凝縮されたような感じがあり、また登りたくなるだろう。

しかしながら、フリーで登っておいて言うのは怒られそうだが、夏道を辿れるような時はともかく、冬季に確保なしで登ってはいけないように思う。また来る時には、きちんと準備を整えて登りたい…



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II