2016年3月12-13日
中央アルプス


01P3122924


染まらずとも…



2月の宝剣から一ヶ月あまり、またまた千畳敷へとやって来た。今回は、宝剣が染まるのを狙うため、泊装備を担いでえっちらおっちら。


02P3122963


よく見ると、えらいところを登ってる。


03P3122978



04P3123012


新しく降ったのか、雪がとても綺麗で刻まれるトレースも深い。


05P3123041



06P3123098



07P3123101


絶好の天気と思っていたが、なんか雲が湧きすぎかも。


08P3123120



09P3123182



10P3123188



11P3123162



12P3123210


風を避けて天狗荘の裏にテントを設営。


13P3123218



14P3123228


夕方まで時間もありすぎるしで駒ヶ岳へ。


15P3123238


雲が流れて目まぐるしく様子が変わるが、これぞ高山ならではの眺め。


16P3123246



17P3123261



18P3123296



19P3123311



20P3123327



21P3123350



22P3123377



23P3123401


駒ヶ岳山頂は貸し切り。


24P3123482



25P3123485


ダイナミックな眺めをゆっくりと楽しむが、雲の動きを見ていると夕暮れ時はどうだろうかと、ちょっと心配になってくる。


26P3123503



27P3123542


帰りは、中岳西側の巻きルートを少し進んでみる。そこは、荒々しい岩肌が白く化粧された荘厳な世界。


28P3123571



29P3123584



30P3123590


ますます天気が怪しくなってくる中、テントに戻る。もう誰もいない静かな世界。水を作ると、そこからの待ち時間が長く、何もすることがなく寒い。


31P3123596


そろそろ行くかと中岳目指して出発。


32P3123623


雪面が美しく染まり出すが、ガスの支配が強くありゃりゃ。


33P3123640



34P3123658


吹き抜ける風にガスが払われ、深い谷底から解き放たれてくるような薄紅色。後は、ほうけ〜んと祈るのみ。


35P3123665



36P3123671



37P3123668



38P3123679


しかしながら、その想いが通じること無く事が終わり、闇へと向かっていく。気が付けば、強い風にさらされて、ジャケットはもちろん、カメラも真っ白。何より、とてつもなく寒い。


39P3123682


ここなら電波があるはず、明日の天気を確認しようとiPhoneで通信を試みるが、寒すぎるのか電源がたちまち落ちてしまう。


40P3123727


テントで飯を食っても、あまり体が温まらず、なんか寒いぞと温度計を見ると、まだ20時だというのに良く冷えている。地形のためだろうか、それとも3000m近い高度のためだろうか。


41P3123826


翌朝。予想通りとはいえ、空は雲に覆われすっきりしない。それでも、お山の上ならではのしんとした空気が気持ち良い。僅かな空間だけが明るく澄んでいて、甲斐駒のシルエットの向こうに広がる美しき色に目を奪われる。


42P3133862



43P3133901



44P3133904


やがて、お日様が昇ってきて命漲る時。雲に遮られた柔らかな光は、雪面を染め上げることもなく残念。それでも、ただ一人、ここに立っているということが、大げさながら奇跡のよう。感動という言葉が相応しい時が静かに過ぎていく。


45P3133957



46P3134033



47P3134045


ほんの一瞬、お日様が雲の隙間から顔を出し、美しき夢色で魅せてくれた。


48P3134118



49P3134125



50P3134235



51P3134268



52P3134286



53P3134292


テントに戻って朝飯を食おうとするが、凍るのを気を付けていたつもりの水が、全て凍ってしまっている。ガスの火で少しずつ溶かし、なんとか水を得て、やれやれ。

撤収してトボトボと歩く乗越浄土は、まだまだ静寂に包まれていた。


54P3134326



55P3134332


乗越浄土。このお山の交差点から見る眺めは、目前に聳える宝剣をはじめ、どこを見ても素晴らしい。夕方以降になると、日中の賑わいが嘘のように静まりかえり、荘厳なる雰囲気に満たされる。今回の狙いは不発に終わったものの、ここが、とても気に入ってしまったかもしれない…



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II