2016年4月29日
台高 宮川 大和谷 滝ノ谷


09_4299324


ゆるりとスタート…



4月29日、GWと呼ばれる連休の始まり。まだまだ体調が優れないが、紀伊半島へと帰ってきた。

一日目は、皆遠方ということもあり、ゆっくりと集合して大和谷支流の滝ノ谷へ。


01RIMG0067


この谷には、三つの大滝が連なる三滝がかかるが、上部で取水されているため、殆ど水が流れていない悲しい状態にある。しかしながら、三滝の一番上の滝だけは取水を免れ、今でも立派な姿を見せてくれるらしい。


02RIMG0070


巡視路を辿って取水施設に到着。三滝の真ん中にかかる大滝の落口を大胆に堰き止めている。


03RIMG0097



 

04RIMG0100


眼下にスコーンと落ちていく滝が、なかなかの高度感。門を開け放ち本来のように水が流れれば、どれだけ素晴らしいだろうか


05RIMG0076


中段落口と直ぐ上のCS滝にへばり付くような取水施設。


06RIMG0080


取水施設の階段を戻ってCS滝を左岸から巻けば、前方には大岩が転がる。下段、中段は連なっているようだが、上段は中段から少し距離がある。


07RIMG0106


そして、期待の上段の登場に三人で歓声を上げる。

まだ少し距離があるが、輝く滝水がここまで飛んでくるよう。滝前から上部へと纏う新緑が、まるで打ち上げられた花火のようで艶やか。


08_4299357


今日は慌てることは何も無い。ジリジリと近付いて、この素晴らしい滝をゆっくりと堪能。


10_4299398



11_4299404



12_4299494



13_4299489



14_4299474



15_4299417



16_4299519


三滝の上段は、予想以上に鮮烈な姿。落口から流れ降る水は、躍動的かつ美しき軌跡を描く。水と新緑が織りなす生命力溢れる景観が、GW滝巡りのスタートを飾ってくれた。

明日、明後日は、今回のメインイベント。これまた取水により姿を変えてしまった大瀑を訪ねる。復活しているかもしれない古来よりの姿にワクワク…

あっきーさん、はんぺんさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

RICOH WG-5 GPS


撮影機材データ

撮影機材データ