2016年5月2日
南紀 高田川 内鹿野谷


12_5020260


必見の一本…



大杉谷不動谷を終えると、例によって体はフラフラ。それでも、我々は南紀へと車を走らせる。この日は、親方さん、ひこさんと別れ、おでんさんが加わり5名。

水車小屋跡から重い体に鞭打って歩いて行くと、ズリ岩。どうぞと声をかけるが、もちろん誰も潜ろうとはしない。


01RIMG0491


そして、出合の滝かナマズ口の滝か、よく分からない滝前で最初の撮影会。

美しい軌跡を描く落水と揺らぎながら大きく広がる壺。
2014年のGWに来たときと、どこも変わってない美しい佇まいが嬉しい。滝に影がかかっていて、撮影的には、ちょいと困った状態なのも同じ。


02_5020072



03_5020109



04_5020151


左岸から巻いて落口へ。

前回、男性陣はロープを出して落口を越えたが、女性陣は上から巻いたはず。そんなことで簡単と思い巻いてみたが、思ったより登らされたので、これなら下から行った方が良かったかも。


05RIMG0509


またまた足が止まって撮影タイム。


06RIMG0521



07_5020205


お次は、南紀らしいナメが続く。木々をすり抜けた光が沢を明るく煌めかせ、これを見ていると疲れもどこへやら。


08RIMG0542



09RIMG0566



10RIMG0560


さてさて、上に見えてきたのは、この谷の白眉であろう一ツ落滝。前衛滝を左岸から巻き上がり近付いて行く。


11_5020230


一ツ落の滝も変わらぬ美しさ。

今回のGW滝旅では、内鹿野谷にリクエストが集まった。巨大であったり、圧倒的であったり、そんな滝ではなく、この美しさに包まれたような滝に人気が出たのが嬉しい。


12_5020260



13_5020300


この強固な岩盤に支えられた乱れの無い姿こそ、他では中々見ることができない紀伊を代表する滝姿。おでんさんが、前回のレポを良く読んでくれていて、「正に必見の一本ですね」と言ってくれる。


14_5020280



15_5020330


左岸からヒーヒーと巻き登るが、足が重い。これでは登り返せるかと心配になりながら、栂ノ戸滝へと懸垂で降りる。

撮影もそこそこに、ゆっくりと寛いだ。


16_5020345


下山は、前回が藪と倒木に苦労したので、今回は、口高田から西へと延びる林道奥に車をデポする作戦で、楽々下山。

この素晴らしき谷の滝達を皆にも見て欲しいと思っていたが、内鹿野谷は変わらぬ美しさで魅せてくれた。また来て良かったと思える楽しい一日であったし、再び訪れることがあれば、同じように感じるに違いない…

あっきーさん、おでんさん、はんぺんさん、WATAさん、どうもありがとうございました。

2014年5月3日 内鹿野谷



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

RICOH WG-5 GPS


撮影機材データ

撮影機材データ