2016年5月28日
南アルプス 雨畑川支流


11_5281880


知られざる大瀑II…



またまた面白いところはないかと探して、やって来たのは、またまた雨畑川。

雨畑湖から南下し、滝メグラーには、ちょいと有名かもしれない見神の滝を見送り、地形図上で見神の滝が落ちる沢と同じく水線がある一本南の沢。滝マークが二つ連なっている。

出合から直ぐに堰堤があり、これを左岸から越えて上流へ。


01rimg1084


直ぐに二俣になり右をとる。

ショボイし綺麗とは言えない渓相だが、僅かながらの情報によると、この沢には100mを超える滝が連弾となってかかっているらしい。


02rimg1088


少し進むとそれっぽくなってきて、大滝の始まりか。

上の開けたところに白き輝きが見える。


03rimg1100


開けたところに出ると美しい滝の登場。大きく三段、優雅な流れが壁を伝い、直ぐ下の滝へと吸い込まれてゆく。

この上にも滝となって落ちる大きな流れがあるようだが、ここからでは見えない。


04_5281850



05_5281860


滝近くからも巻くことができそうだったが、滝の全貌が見えないかと、右岸の尾根から大きく巻いて行く。

木々の間に、さっきまで下に居た滝の上にも大滝が連なるのが見えてきて、たしかに100mを優に超えそう。しかしながら、豊かに生い茂る緑に遮られ、お世辞にも良く見えるとは言えない。


06rimg1124


尾根上からは左俣にも滝がかかっているのが見える。


07rimg1130


ところが、大きく高く巻きすぎて、滝へと寄って行くのが大変。特有の脆くザレザレの斜面に苦しむ。

なんとか上に続く大瀑が近付いてきて、少し下降する形で滝下へ。


08rimg1139


落口から覗き込んでフーっと溜息。


09rimg1145


なんということか、見上げる大瀑は、絶品という言葉が似合う素晴らしさ。複雑極まりない水の軌跡が、大自然の不思議へといざなう。


10_5281865


落口はどこだ。闇の奥から滑り出してきたような水が、抉り抜かれたような岩溝の中で躍動し溢れ出す。こんな滝は、見たことがない。


11_5281880



12_5281913



13_5281916


よく見ると、大岩壁に可憐なツツジが揺れている。吹き下ろされる風に身を委ね、何時までも見ていたかった。


14_5281919



15_5281955


また右岸から巻くが、同じようにザレザレの斜面にずり下がりながら登って行く。

落口に立っても謎が消えることはなかった。


16rimg1162


もう少し上へ。


17rimg1177



18rimg1184


地形図上の二つ目の滝マークのところにも、美しい滝が落ちていた。


19_5281982



20_5281985


帰りは沢を少し戻って、往きに見つけていた左岸の踏み跡を辿る。踏み跡は、尾根を回り込んで明瞭な道となり、東へと延びる尾根を降って、出合少し北の道路へと着地。

この名前さえはっきりしない沢に落ちていたのも素晴らしい大瀑。滝巡りはもちろん、沢登りでもマイナーなところがまだまだあり、そこには人知れず落ちている素晴らしき滝達が隠れているかもしれない…



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

RICOH WG-5 GPS


撮影機材データ

撮影機材データ