2016年7月16日 大峰 北山川 四ノ川 


44_7162989


ゴルジュに魅せられて…



GWから二ヶ月余り、久しぶりの大峰。

四ノ川は、立合川と同様に笠捨山を源とし、長大な旅を経て北山川へと注ぎ込む大渓谷。その深く刻み込まれた谷底には滝と釜が連続し、悪絶かつ美しい渓谷を形成しているらしい。それは同時に人を容易に寄せ付けない雰囲気を持っているが、それ以上に、そこに入ってみたいと思わせる魅力溢れる地。

今回は、奥へと延びている林道を利用して、その核心部に触れてみようと計画。林道を何処まで進むことができるか心配だったが、得に問題なく終点まで入ることができ、そこにはお地蔵さんが祀られていた。


01rimg1890


林道から四ノ川への一歩。


02rimg1893


谷底が近付いてくると、久しぶりに見る大峰の水に目が奪われる。


03rimg1897



04rimg1902



05rimg1906


木々の緑が覆い被さる幽玄な谷間。流れゆく水、岩の感触、薫り等々、感じる全てが美しい。


06rimg1910



07rimg1930



08rimg1944



09rimg1952


最初の二俣を左へ。


10rimg1954


左俣に入ると直ぐに美しい滝に出会う。大きな釜にゆらゆらと広がりゆく水に、もう心まで溶けてしまいそう。


11rimg1969



12rimg1976



13rimg1983


右岸に回り込んで登っていくが、下から見ていると両側から被さる岩に、まるで穴が開いているようで面白い。


14rimg1986


ここからも悪絶というより美しい眺めの連続。光が降り注いでいる訳でも無いが、飛び切りに美しい水だと感じる。


15rimg1995



16rimg2011



17rimg2025


強固に取り囲む岩盤は、その美しき水を守っているよう。


18rimg2034


そして、側壁向かい合う函の中に左から滝が注ぎ込み、美しさに深き色合いを重ねたような水を湛える。


19rimg2072


その水に身を委ねる至福の時。泳いだ後に岩を越えるが、手がかり少なく微妙なバランスを強いられる。


20rimg2084


次の二俣を右にとって最奥へ。高い壁が続くが、淵を泳げば楽々。


21rimg2091



22rimg2103



23rimg2130


そして、一際美しい滝が姿を現す。四ノ川の記録は殆ど見ることができないが、この滝は故川崎実さん他による初遡行時の記録で「一級の美人」と讃えられ、わらじの会の強きご夫婦による記録でも「深窓の美女」と喩えられ賞賛されている。


24_7162940


25_7162950


実際に目の当たりにしてみると、それは誇張でもなんでもない。岩盤を滑り落ちる軌跡が美しいのは無論、周囲には一点の汚れすら無く、釜に湛えられる水は、言葉で表すことが出来ないほどに美しい。

周囲を高い壁に囲まれて、ひっそりと落ちる滝。殆ど人の目に触れること無く、繰り返されてきたであろう営みを想い、静かな静かな感動に満たされてゆく。


26_7162958



27_7162967


さてさて、この滝を越えていかねばならない。左岸に張り出す嵓の上を目指し、気合いを入れて大きく高巻いて行く。

沢に戻っても相変わらず美しい佇まい。何処までも夢のような遡行。


28rimg2147



29rimg2154



30rimg2168


前方を見ると、沢が右に急転回し何やら怪しげな雰囲気。ひこさんがしゃがみ込んで撮影し、ゆかちゃんも、その奥にある何かに釘付け。


31rimg2171


そこには美しき滝が美しき釜に注ぎ込んでいたが、それとは裏腹に、奥は極端に狭まりながら屈曲していて、いよいよかといった感じ。


32rimg2172



33rimg2181


左岸の壁を登って奥へと入って行く。紅い岩盤はベニマダラだろうか。


34rimg2187



35rimg2196


滝頭を乗越すのが恐いので少し上に出ると、両岸立つゴルジュに唖然。

先に降りたゆかちゃんが前方を覗き込んでいたが、両手でバツマーク。ここで終わりか、左に曲がって行く先には何があるのか。 どうやら突破口は、正面に見える岩溝しかなさそう。ひこさんに「泳いで下からどんな具合か見てきて」と言うと、下まで泳いで行っただけでなく、そのまま上まで登って行ってしまった。拍手。


36rimg2202



37rimg2208


追いかけてみると、なるほどというかやはりというか、滝がかかっていて通せんぼ。それにしても美しすぎる見事なゴルジュ。

後続は、ひこさんが垂らしてくれたロープで安全に登って行く。


38rimg2211



39rimg2223


この滝を越えても、両岸は空すら見えないほどにそそり立ち、今度は右へと曲がって行く。先の様子は全く分からず、壁に塞がれているようにしか見えない。


40rimg2235


先が見えない不安感と井戸底にいる圧迫感が半端ではないが、心の高揚が、それを越えてゆく力を与えてくれる。


41rimg2238



42rimg2245



43rimg2254


最後のチョックストーン状の滝を越えると空間が広がり、前方圧倒的な壁の右から落水が迸る。慌てて奥へと掛けより、右に曲がって遙か高見から落ちる滝を見上げる。

両岸に聳立する嵓は、滝を越えて高く突き上がって触れ合わんばかり。ゴルジュの中を捻るように落ちる上部から中部で広がり、腰を打って飛び出した落水が、浅いながらも美しい壺へと注ぎ込む。 ぐるりと壁に囲まれた中を滑るように跳ねるように落ちる姿は、ありえへんと思えるような滝風景。


44_7162989



45_7163031



46_7163055



47_7163097



48_7163004


名残惜しいが帰る時がやってくる。またまたゴルジュの底へと吸い込まれてゆき、同じルートのピストンながら、その感動は色あせることがない。


49rimg2274



50rimg2285


期待を持って訪れた四ノ川は、その期待を裏切ることのない素晴らしさに満ちていた。

ゴルジュにかかる滝は、近付きがたく美しく圧倒的で、とても他では触れることができない素晴らしいもの。しかしながら、それだけではなく、ゴルジュという異空間にある全てのものに魅せられてしまう。

高き壁の間を流れ下る水と磨き抜かれた岩盤が作る美しき景観。その清冽極まりない水と乱れの無い空間は、まさに宝物。ゴルジュが好きだ…

はんぺんさん、ひこさん、ゆかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R RICOH WG-5 GPS


撮影機材データ

撮影機材データ