2009年7月18-19日

三重県 松阪市 宮の谷 台高山脈


540_igp8495

PENTAX K-7 smc PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL WR


水ちょうだい…



宮の谷入り口に着くと、岐阜県ナンバーの車が一台とまっている。用意していると、三人の方がもう下山してきたみたい。聞くと、あまりにヒルが多いので、大騒ぎで川原に避難して大掃除、「こんなとこはとても歩けない」と慌てて戻ってきたらしい。


遊歩道に入ると、雨上がりの道にはヒルがうようよ立っている。この程度のヒルは、この辺りでは普通だが、今日はトレシューにズボンだけでスパッツもないので、上ってくるヒルを掃除しながら歩いて行く。


暑い季節だが、良く整備された道は快適で渓谷沿いはまだ涼しい。今回は、何故か単独で沢を登るのに不安を感じ、登山道で滝を見れる宮の谷にやってきた。高滝の上にある猫滝やドッサリ滝も楽しみだ。


540p1020026

Panasonic Lumix DMC-FT1


桟橋に導かれて美しい谷を渡り、岳魂碑のある風折谷との出合に到着。ここから先は滑落事故の絶えないルート、亡くなられた方を偲んでの遭難碑らしい。


540p1020041

Panasonic Lumix DMC-FT1


右へ進むと、しばらくで高滝、緑に包まれた大岩壁の奥に落ちるその姿は、やはり名瀑だ。


540_igp8270

PENTAX K-7 smc PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL WR


540_igp8357

PENTAX K-7 smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED


540_igp8339

PENTAX K-7 smc PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL WR


左岸を大きく巻いていくが、もはや登山道とは言えない高度感のあるバリルートが続いている。登りはともかく、降るのはちょっと勘弁して欲しい感じだ。


540_igp8405

PENTAX K-7 smc PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL WR


そのままでは、猫滝も巻いてしまいそうになるので、滝壺前へ降りていく。


540_igp8415

PENTAX K-7 smc PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL WR


540_igp8469

PENTAX K-7 smc PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL WR


猫滝前に立つと涼風が吹き抜け、巻きで火照った体を冷やしてくれる。ここまで来れば、台高奥地の秘境の趣満点、猫滝の描く放物線は誠に美しく、その丸くて深い壺も印象的だ。


540p1020068

Panasonic Lumix DMC-FT1


540p1020074

Panasonic Lumix DMC-FT1


猫滝を巻き終えると、谷は穏やかな表情、ドッサリ滝は、気付かずに見逃しやすいらしいので、気を付けて歩いて行くと、滝らしい流れが見えてきたので、巻き上っていくルートを捨てて谷を進むとドッサリ滝の前に出た。


540_igp8489

PENTAX K-7 smc PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL WR


あまりドッサリとしていないが、その姿は、なかなか美しく、辺りは、明るく開けた爽やかな雰囲気が漂う。


540_igp8515

PENTAX K-7 smc PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL WR


さてさて、ここからどうしたものか。三つの滝を巡ってかなり満足し、戻ろうかとも思ったが、せっかくなので池木屋山まで登ることにした。そしてテントと食料も担いできたので、極上のテン場があるという奥の平谷源流まで行こう。


ドッサリ滝左岸の急斜面を登り、下流からの巻きルートを拾って滝上へ、そして右岸にちょっとした台地を見ると、そこが奥の二股だった。左俣沿いに少し行って、ここから木の根の張り巡った尾根を標高差580mの激登りの開始。


沢沿いを離れて尾根を登り出すと、すぐに灼熱地獄が待っていた。まるでサウナの中を歩いているようで体力の消耗が激しい。尾根の先に空しか見えなくなると、これで終わりかと期待するが、そんな訳はなく、さらにさらに続いている。しまった、沢歩きが染みついている私は、二股で水を1リッターしか持たなかったが、これが大失敗。暑さと急な登りで喉がカラカラ、水をチビチビ飲みながら進むが、辛い山歩きになってしまった。ヘロヘロになって池木屋山山頂に到着、ご褒美に少ない水をちょっと多めにグイッと飲んで休憩。


540p1020106

Panasonic Lumix DMC-FT1


さあ、ここからがまだまだ長い。霧降山、奥の平峰、千里峰、赤倉山とピークの続く縦走路は、登って降って、登って降ってと繰り返し、暑さでふらふらだ。


540p1020151

Panasonic Lumix DMC-FT1


残り少ない水をさらにチビチビと飲みながら、源頭の水が涸れていたらどうしようかという思いが頭をよぎる。しかし、「着いたら腹一杯水飲んだる」と、途中からそればかり浮かんでくるので、遅い足取りながらも体は前へ進んでいく。


540p1020163

Panasonic Lumix DMC-FT1


日が傾いて、割れた老木の隙間を赤く染める頃、ようやくそれらしき場所に到着。極上のテン場のはずが、その広い草地は結構な斜面で唖然。


540p1020169

Panasonic Lumix DMC-FT1


しかたがないので、流れの横の小場所で寝ることにした。ガブガブと水を飲むが、腹一杯は飲めない。何故か熱いカフェオレが飲みたくなったので、湯を沸かして飲むとようやく落ち着いた。


540p1020172

Panasonic Lumix DMC-FT1


テントを張って飯を食い、半袖シャツとパンツだけでマットに寝転がると、テントの中を抜けていく風が心地よい。それでも火照りすぎた体のためか、なかなか眠れない夜になった。


今では、山で眠るそのこと自体が楽しみだ。体で感じる大自然との一体感、何事にも邪魔されない開放感、迎える朝の素晴らしさ、自由を極めた旅がそこにあるように思う。本当は、何もなしでゴロンと寝るのがより良いかもしれないが、幕という薄っぺらな壁がなんとも微妙で素晴らしく、自分自身はまってしまいそうな道具だ。特に海外品には、国産品にはない創意工夫をこらした幕がいっぱいあって、いろんな幕で寝てみたくなる。


540p1020187

Panasonic Lumix DMC-FT1


そんなことを考えていると何時しか眠りにつき、清々しい朝を迎えた。下山は、霧降山まで縦走路を戻り、ここから北東へ延びる尾根を辿る。


540p1020200

Panasonic Lumix DMC-FT1


地図にも全く載ってないルートだが、道として明瞭に続いていて、テープもバッチリと付いている。大きな倒木の横たわるニハンノ平(青空平?)では、盛りを過ぎてはいたが、ジキタリスが咲いていた。


540p1020233

Panasonic Lumix DMC-FT1


540p1020232

Panasonic Lumix DMC-FT1


最後は、鹿避けのネットを抜けて伐採地を降って宮の谷入り口に降りた。テン場で3.5リッター汲んだ水は、その殆どを飲み干していた。


この尾根の途中から見えるという奥の平谷のサスケ滝を見るのを忘れていた。厳しい谷らしい奥の平谷、何時の日かこの谷にも足を踏み入れてみたい。千石谷、赤ぐら滝谷、奇形五所ヶ滝の懸かる江馬小屋谷等々、まだ見ぬ谷に思いをはせて帰路についた。