2016年10月10日
奥秩父 笛吹川 ヌク沢


34_A106575


眩しい姿…



安倍川から一ヶ月、また嫁さんと一緒に行くことが出来る日が来た。

どこか紅葉が残ってそうな山をと考えていたが、あっきーさんから「ヌク沢の大滝を見に行きましょう」と声がかかり、嫁さんも頑張ってみるというのでヌク沢に行くことに。


01RIMG2833


西沢渓谷の駐車場から歩いて近丸新道へ。レールが見事に残っていて面白い。


02RIMG2842



03RIMG2845



04RIMG1434



05RIMG2849



06RIMG2869


ヌク沢を跨ぐところで休憩し、堰堤を越えて入渓。


07RIMG2876


冷たいけど気持ちいい。


08RIMG2879


雷だろうか。木がバッサリと裂けて落ちていた。


09RIMG2883



10RIMG2890



11RIMG1460



12RIMG2903


堰堤が幾つか出てきて、ちょっと辛い。


13RIMG2909



14RIMG2915


右俣を見送り、大滝がかかるらしい左俣へ。


15RIMG2921



16RIMG1464



17RIMG2936



18RIMG2945



19RIMG2951



20RIMG2960



21RIMG1488


ちょっと陽が差してくると明るい雰囲気に一変。嫁さんも元気いっぱいで、私の方がしんどいくらい。

この元気な姿が眩しい。


22RIMG2985



23RIMG2997


230mなどと言われるヌク沢の大滝。全段一気には見えないらしく、どこから大滝なのか分からない。

とりあえず格好いい滝が出てきたので撮影タイム。


24RIMG3000



25_A106533


何時もながらに嫁さんが現場の雰囲気を撮影してくれる。


26RIMG1503



27RIMG3002


う〜ん、これか。これが下段100mか。


28_A106542


傾斜が緩く左岸を適当に登って行く。


29RIMG3012



30RIMG3014


登って行くと遠くに見えていた下段上部が近付いてきて良い雰囲気。


31RIMG3024


下段を越えると、ちょっとした棚になっていて目前には中段80mがドド〜ン。


32_A106563



33RIMG1530


期待の紅葉は少し早いのか、こんなもんか。良く分からないところがあるが、どこからどう見ても秋らしさに包まれている。

滝水の流れは決して細い訳ではないが、その圧倒的すぎる壁が飛沫を飲み込んでいる。


34_A106575



35RIMG1553


天気は冴えなかったが、大きな滝風景をゆっくりと楽しみ、ここまで来た甲斐があったというもの。


36_A106599


この上にも50mが続くらしかったが、もう満足。下段100mを懸垂を繰り返して降りる。


37RIMG1563


帰りは二俣手前まで沢を降って、ナレイ沢を回り込んでヌク沢東側へと伸びている林道へと最短ルートで近付く。しかしながら地形図上で間違いのない場所に出たものの、ヌク沢右俣を跨いでUターンしているはずの林道は、そこには無かった。帰って航空写真で確認してみると、地形図の林道の位置が間違っていて、後ほんの少しだけ上にあったようだ。

結局、往路を戻ろうかと二俣まで降りたが、そこから見上げる林道が魅力的に見え、左岸を登って林道に飛び出した。


38RIMG3029


林道は大きく迂回して遠回りになるので、東に直角に曲がるところから尾根に乗ろうと思っていたところ、考えることは皆同じなのか、そこには目印のテープがあって、それは遊歩道近くまで続いていた。

「頑張るわ」嫁さんは、その言葉をはるかに越えるような姿を見せてくれ、素晴らしい大滝の前で、その健闘を喜び合った。

繰り返してきた多くの滝行における極々普通な事が、とてもとても幸せな一日だった…

あっきーさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

RICOH WG-4 GPS
RICOH WG-5 GPS


撮影機材データ

撮影機材データ