2016年11月6日
大峰 舟ノ川 日裏山谷本谷


07_B068673


11月3日…


紀伊半島の秋四日間の最終日。

はんぺんさんが、まだ迷滝の紅葉を未体験というので、昨日の旭ノ川に続いて十津川舟ノ川。

林道を歩いて、適当なところから沢へ降りる。


01_B068521


おぉ〜っと、大きく深い淵が通せんぼ。

もう四日目で疲れていて、ゆっくりと出てきたし、早い目に切り上げなければならないしで、あまり時間が無いのだが、これは降りたところが失敗。

2012年の秋は、うまく降りたのだが。


02_B068524


両岸見上げて右岸巻きを選択するが、ちょいと際どいところもある。

これまた、2010年の夏は、一見厳しそうな左岸巻きで、楽に通過している。


03_B068550


そんなことで、ようやく前方に高い壁が見えてくる。


04_B068566


そして、アメドマリの滝。紅葉彩る深き谷間に、ひっそりと落ちる静かなる流れ。


05_B068625


天気は冴えないが、この美しき空間は、いつもと変わらない。


06_B068694


はんぺんさんは、ここがかなり気に入ったみたいで、精力的に撮影していた。


07_B068673


そんなこんなで、またまた時間を食ったので、上部の遡行は諦めて、アメドマリの滝右岸の尾根をそのまま登って林道に出る。下部は結構急な斜面で、上から降りるならロープが要るだろうと感じる。

そのまま林道を歩いて行くと、迷滝の登場。


08_B068713


遠望地には、いかにもな三人組が。

その中のお一人の機材は、特徴的なダブルカメラ。「ひょっとして瀑やん」と聞くと、大当たり。後のお二人は、Wind Rippleさんと東さん。

こちらも自己紹介して、しばし滝談義。


09_B068728


何回か来ている秋の迷だが、天候のためか霞んでいるのか、これまでで最も冴えない感じ。

それでも、よく見ると、滝周りは美しい紅葉に彩られている。このような見事な滝紅葉は、そうはお目にかかれないのではないだろうか。

時折、冴えない空気を切り裂いて降り注ぐ光が、大岩壁に明と暗を描いてゆき、四日間の最後を飾ってくれた。


10_B068701



11_B068702



12_B068704



13_B068731


初めて迷滝に訪れたのは、まだほとんど情報が無かった2007年の11月3日。それはそれは見事な紅葉滝に驚いた。

その後に訪れてた秋の迷は、2010年、2012年、何れも11月3日で、2007年に負けない晴天と紅葉を楽しんだ。

秋の迷滝を狙うなら11月3日なのかもしれない…

はんぺんさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R


撮影機材データ

撮影機材データ