2016年11月12日
台高 又口川 柳ノ谷


07_1040901


二人で見上げて…



11月も中旬に入り、紀伊半島の滝紅葉は、どうなっているだろうか。

台高南部、又口川の柳ノ谷は、ほとんど知られることが無いが、有名な不動滝と銚子滝をかける古川岩屋谷の北東、ほんの近い所に位置する。
そして、駒ノ滝と呼ばれる大瀑が絶壁を滑り落ち、その白き落水は遠望でもはっきりと見えるらしい。


01_B128748


今回は嫁さんと二人でまったり。

序盤は林道歩きを強いられるが、頭上に広がる澄んだ碧は、この秋一番を思わせる。

駒ノ滝の紅葉的な条件を考えると、かなり期待できそうだし、この天気なら気持ちよく楽しめそう。


02_B128757


林道から山道に入り、少し行くと最初の滝。


03_B128768


沢を辿ったり道を拾ったりしながら適当に進む。

良い天気ならではの水色や紅色は、爽やかな秋そのもの。


04_B128784



05_B128794


前回、ここを訪れたのは、2011年のGW。駒ノ滝までは直ぐだったような記憶しかなかったが、意外と長く感じる。

そんなことで、駒ノ滝に近いこの滝を見た時は、ホッとした。


06_B128801


そして、目に飛び込んでくるのは、見事すぎる紅葉と駒ノ滝。


07_1040901


そのピチピチの色は、まさに今染まりましたと言わんばかりの鮮やかさ。


08_B128812


覆い被さるような色々を見上げながら進めば、大きな眺めが展開。何より澄み切った碧と紅の対比が見事。

水量は随分と少ないが、サラサラと流れ落ちる水は、これまた秋らしくて悪くないとさえ感じる。


09_B128847



10_B128876


慌てることは何もない。二人だけで、この素晴らしい世界を心ゆくまで満喫。


11_1040912



12_B128865


嫁さんは、どこに行っても、こんな姿をあまり見せたことがないが、すやすやとお休み中。

もともと体調が良くないので疲れたのか、それとも気持ちが良いのか、何れにしてもそっとしておこう。


13_B128904


それでも、しばらくしてから滝近くに行くことを告げると、元気に起きてきて、一緒に滝前へと付き合ってくれる。


14_B128969



15_B129001


これが、二人で見上げた秋の駒ノ滝。


16_B128983


2016年秋、二人で辿った柳ノ谷は、秋らしさに包まれていた。

その何気ない、ごく普通の出来事こそが、かけがえのないものなのかもしれない…



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GM1
LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


撮影機材データ

撮影機材データ