540p1020785


永遠なる試行錯誤・・・


12~13日の予定が天候の為中止になった。A氏、S君と三人で練りに練ったこの少し危うい計画は、近い未来を見る限り最後のチャンスかもしれないと思っていたので、非常に残念だ。そういう訳で、そのままになっているザックの中味を紹介してみようと思う。


540p1020788

deuter ACT ZERO


入れ物であるザックは、deuter ACT ZERO、ACTシリーズは通常2気室だが、これは記念モデルかなにかでシンプルな40リッターの1気室。1気室なので2気室タイプより軽量、ドイターではACTシリーズはスリムなヒップベルトを採用としているが、他社比では十分にしっかりしたヒップベルトだと思う。


540p1020790

GRANITE GEAR BELT POCKETS
コンパクトカメラを入れる為の小さなポーチでも結構重くて普通100g程度ある。こいつは、メーカーのカタログ値で40gと軽量。左右別設計で凝っているが、装着の汎用性はもう一息といったところ。(ヒップベルト左に装着)

濡れないときは、ドイター、別に沢で濡れるときは、モンベルのグラナイトパック40を使っている。


540p1020816

グラナイトパック40
モンベルには、防水のインナーを入れて使い、底にはハトメで水抜きを付けた。沢では、ドイターのようなごついヒップベルトはハーネスと干渉するのでこっちの方が向いている。

パッキングは、Therm-A-Rest Ridge Restのレギュラーサイズを半分に切ったもの(200g)をザックの中を囲むように立てて入れ、中に物を押し込んでいく。
スタッフサックに入れたテントを背中側に立て、周りに寝袋、ダウンジャケット、タイツ、換えの靴下、サンダル。次に食料、調理器具類、その上にファーストエイド他小物類、雨具、最後に撮影機材と補助ロープ、だいだいこのような感じ。
サイドポケットにはナルゲンの0.5リッターを左右それぞれ一本差している。


540p1020808

今回用意していたテントはBIG AGNES Seedhouse SL2、居住性を犠牲にして軽量化を追求している。小改造後の実測で1.3kg未満(2人用)、MSR Hubba Hubbaあたりと較べるとお世辞にも快適とは言えない。寝袋、ダウンジャケット、タイツ等をイスカのウェザーテックインナーバッグにまとめてみた。(沢で雨蓋用に使っているもの)


540p1020804

食料と調理器具、スタッフサックはテントを入れているのと同じZpacks.comのCuben Fiber Stuff Sacks、超軽量の山道具だが、ロングトレイル中とかで12月まで休みらしく、現在注文できない。何とも大陸的だ。


540p1020805

スタッフサックの中味
Snow peakのソロセット極(155g)とギガパワーマイクロマックスウルトラライト(56g)、チタンスポーク、飯炊きからコーヒーまでこれのみ、LIGHT MY FIREのスポークは予備に持っているが使ったことがない。
ガス缶のメーカーが違うが、気にしていない。

540p1020809

モンベルのストームクルーザー
補助ロープ(今回はたぶん使わないので8mm x 20m)
小物類

540p1020811

撮影機材
カメラのストラップは使わない。代わりに細引きを結んでいる。
GitzoのトラベラーとReally Right Stuffのボールヘッド、Gitzoは足を反転させるとさらに短くなる。ボールヘッドは、昨年までは、クイックプレートタイプを使っていたが、軽量化の為にねじ込みタイプに変更、ちょっと使いにくい。

540p1020803

ナルゲンは、プラのカラビナで落下防止、エバニューのウォーターキャリーは、ゴム紐を細引きに変更、蓋がベルトで繋がっているのが良い。
ビニール袋類は雨蓋の裏

540p1020795

マップケースは良い物が無い。ジップロックと超細引きで自作


540p1020794

行動食と直ぐに取り出す必要のある物は雨蓋へ
たばこは止めたいけど・・・

いろいろやってきて、現在はこのような形になっているが、軽量コンパクト性の追求は止むことがない。どれをとっても一長一短で良いところ悪いところがある。
それぞれのギアについても、機会があれば、紹介していきたいと思う。