2009年10月3-4日

奈良県 上北山村 白川又川 岩屋谷


540_igp1244

PENTAX K-7 smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]


月光の夜・・・



「岩屋谷雄滝の下で一夜を過ごしませんか」、フッサール・ヒロさんから願っても無いお誘いがあり、ヒロさんと一緒に水尻を目指し車を走らせた。直前まで心配した天気、道中はまだ雨が降っていたが、現地に着くころにはすっかり回復し清々しい空が見えてきた。


水尻でヒロさんのお友達のKさん、Tさんと合流。お二人とも写真家で、Kさんは、山岳会にも所属されていて山や沢にも精通されている。小峠山への道は、いきなりの急登で始まるが、けっして急ぐことなく一歩一歩着実に登っていく。


540p1030713

Panasonic Lumix DMC-FT1


小峠山の三つのピークを越えやがて滝への下降点付近に到着。明日のことを考え、ふぇるめーるさんからの情報を頼りに雌滝への下降点を探すが、どうもはっきりしない。結局、雄滝への下降点から一番近いところがそうだろうと一応の目星をつけ雄滝への下降を開始。


540p1030728

Panasonic Lumix DMC-FT1


540p1030731

Panasonic Lumix DMC-FT1
下降途中にある岩屋?


540p1030744

Panasonic Lumix DMC-FT1


昨年に雄滝下からここまで登った時には、少し複雑なルートをとった記憶があるが、このルンゼは、ほぼ一直線に下まで伸びていて、どんどん降って雄滝前に到着。


540p1030761

Panasonic Lumix DMC-FT1


540p1030767

Panasonic Lumix DMC-FT1


テントを張れそうな良い場所は無く、滝から岩一つ隔てたところを整地してテントを二つ張った。飛沫が降り注ぐが、まあ寝るには十分そうな感じ。焚き火を起こし、写真や山談義を交えて、それぞれが自由に飯タイム。


540p1030770

Panasonic Lumix DMC-FT1


540_igp1057

PENTAX K-7 smc PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL WR


540_igp1067

PENTAX K-7 smc PENTAX DA18-55mmF3.5-5.6AL WR


寒くなり辺りが暗くなるが、変わって柔らかい月の光が岩屋谷に差し込んでくる。白い岩、水が浮かび上がり、ライト無しでも歩けるほどだ。そして雄滝、渋く神秘的に輝くその姿は、大峰の盟主たるに相応しく、大きな懐にとうとうと流れていく。幻想きわまりない風景に圧倒され、興奮と喜びの冷めやらない夜が過ぎていった。


540_igp1085

PENTAX K-7 smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]


540_igp1093

PENTAX K-7 smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]


翌朝は、太陽と青空、滝と虹の織りなす一大絵巻。壮大で圧倒的な景観に酔いしれた。


540_igp1105

PENTAX K-7 smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]


540_igp1176

PENTAX K-7 smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED


540_igp1190

PENTAX K-7 smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED


540_igp1219

PENTAX K-7 smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED


540_igp1319

PENTAX K-7 smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED


540_igp1279

PENTAX K-7 smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]


登山道に登り返し、いよいよ雌滝への下降を開始。しかし、降るにつれ、どうもふぇるめーるさんの情報とは様子が違う感じ。このまま進むとまた雄滝の下に出るのではという心配もあったが、時間的にも他に選択肢はないので、そのまま下降を続けていく。


540p1030794

Panasonic Lumix DMC-FT1


540p1030800

Panasonic Lumix DMC-FT1
岩屋?


際どいポイントでは、Kさんがきちんとロープを出して決して無理をしない。他にも経験に基づく的確な判断に見習うべき点が多い。やがて開けた岩棚のある辺りに到着し雌滝も見えてきた。


540p1030810

Panasonic Lumix DMC-FT1


つるつるの流れのあるところを下降し、雌滝までの大きなルンゼを降っていく。あの厳しかった細い枝ルンゼへの取り付きが見える。


540_igp1350

PENTAX K-7 smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]


雌滝下へ到着すると、こんなに狭かったかなあとどうも印象が違う。あいにく大部分が陰になっているが、ワイドに広がる姿とどこに逃げても容赦なく降り注ぐシャワーがある意味素晴らしい。


540_igp1378

PENTAX K-7 smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]


540_igp1372

PENTAX K-7 smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED


ゆっくりする間もなく雌滝を後に登山道に向け出発。降りに較べると登りはずっと楽だし時間もかからない。


540p1030825

Panasonic Lumix DMC-FT1


今度は、最初の予定のルートにうまく乗り、下降点から少し離れたところで道に飛び出した。Tさんが湯を沸かしてコーヒーを入れてくれる。インスタントにもかかわらず、ものすごくうまいコーヒーだった。


540p1030788

Panasonic Lumix DMC-FT1
釈迦と大日


天候にも恵まれ、このようなチャンスと素晴らしい山行に同行できたことに感謝。Kさん、Tさん、ヒロさん、どうもありがとうございました。