2010年1月9-10日
奈良県
大峰山脈

540p1070087


導かれて・・・

PHOTO GALLERY

冬の古田の森にはずっと憧れていた。できれば釈迦ヶ岳に登りたい。千丈平までならなんとか行けるかも。しかし、訪れる人の少ない冬の大峰の厳しさは、はるかに高名な山々にも決して劣らないかもしれない。


大きな不安と小さな期待が入り交じる中、登山口を目指して雪の林道を車で上っていく。下の不動小屋谷の登山口を過ぎると雪が多くなり、なんとか越えていくが、ついに進行不能状態に。バックして再突入したりでがんばるも無駄な努力。諦めて少し下の広い場所に車を止めた。


540p1060483


そんなこんなで、用意して林道を歩きはじめたのは9時25分。風がなく穏やかだが、天気は曇りでちょっと冴えない感じ。しかし、林道を覆ったなんの跡形もない雪を踏みしめて歩くのは気持ちが良い。

登山口から階段を登っていくと、もちろん人の踏み跡は全くないが、動物の足跡が登山道に沿って上に続いている。


540p1060514

まだまだ余裕。

540p1060553


540p1060563


尾根に出るとだんだんと雪の量が増えてきて、吹きだまりや少しの段差でも乗り越えるのが大変だ。規則正しい動物の足跡は、吹きだまりも軽快に越えている。しかし、我々はそうはいかない。雪が浅く固そうに見える所を選んでそお~と進むが、たびたびズボッとはまって立ち往生。穏やかに続く稜線も雪をかきわけ進むのは容易ではなく、嫁さんは暑い暑いとジャケットを脱いで必死の行軍状態。


540p1060601

規則正しい獣の足跡と乱れた人間の踏み跡

540p1060607


540p1060614


1時間30分程歩いて、「だいぶ来たかなあ~」と思っていると何やら標識が、「ええ~、まだこんなとこ~」といったかんじで二人で顔を見合わせてびっくり、下の登山口との分岐点だった。


540p1060632

Gossamer Gear Lightrek™ 4 Trekking PoleとOsprey Variant 52

540p1060684


その後も一歩一歩の前進でじりじりと標高を上げていく。重い荷物を背負った巨漢の私が先に行くと直ぐにはまってしまうので、嫁さんが先頭を買って出てくれる。普段は、私が先に行くと知らんまに嫁さんを置いていってしまうので、嫁さんが前を歩くのがわが家の流儀だが、今日は積極的な意味で前を歩いていく。下から途切れることなく続く動物の足跡は、さらに上に向かって規則正しく続いて、嫁さんは、この足跡を目安に進んでいるようだ。


540p1060702


540p1060729


気がつくと天気が良くなってきていて、時々澄んだ冬の空がのぞいてくる。そして重い雲はどんどん風に流され、青空と雪が作るコントラストが、あまりに眩しく美しい。


540p1060749


540p1060753


540p1060776


540p1060777


540p1060819


泊に最適そうな広い雪面がたびたび現れ、「もうここらへんでええか」と荷物を降ろしたい誘惑にかられるが、動物の足跡は、さらなる高みへと続き、我々を「おいで、おいで」と誘っているようだ。釈迦ヶ岳は雲に隠れて見えないものの、天気はますます冴えわたってくる。


540p1060839

足跡が続いている。

540p1060851


540p1060864


540p1060875


540p1060882


540p1060893


540p1060908


540p1060918


540p1060951


そして、14時30分、やっとの思いで目標地点の千丈平に到着。


540p1060992


540p1070002


さあ、どうするか。ここまでの行程を考えると、ここからの登りがちょっと微妙。しかし、この天気はまたとないチャンス、行くしかないと意を決して急坂に取り付いた。


540p1070015


540p1070021


途中でザックをデポして必死で登っていくと、いつのまにやらあの足跡がなくなっている。動物は夏道を知っていて、それを忠実に辿っているのかもしれない。頭だけ飛び出した奥駈道の標石を過ぎるとあと少しの登り、ところがところが、あの足跡が再び現れ、我々を最後まで導いてくれる。


540p1070030


もう障害は何もない。本当に最後の細尾根を雪に足を突き刺して登り、抜けるような青空に向かって飛び出した。


540p1070035


540p1070048


思わず拳を突き上げ「よっしゃー」と雄叫びをあげる。感極まった嫁さんの頬には大粒の涙。15時30分、雪化粧をまとったお釈迦様が迎えてくれた山頂は、言葉ではとても表せない素晴らしいものに満たされた。


540p1070078

540p1070059-edit

540p1070084

540p1070072

540p1070096


540p1070131

ずっこけながら千丈平へ降って行く。

千丈平に戻って、今宵の宿の準備、整地してテントの設営が終わった頃にはもう暗くなってきた。


540p1070143


540p1070156


540p1070168

雪を溶かして水を得るが、最初の水ができるまでがちょっと辛い。

飯を食うと、全身を倦怠感と眠気が襲い、朝まで爆睡。

翌日は、ガスで真っ白。夜中から降った雪であれだけ深く付けた踏み跡が全く消えてなくなっている。横殴りの風が吹きつける中、ルートを外さないように慎重に進み、無事登山口に戻った。


540p1070183


540p1070192


とても登れると思ってなかった冬の釈迦、天候も味方してくれ、今回もラッキーな山行となった。誰も踏んでない雪上を歩くのは厳しく、夏なら2時間で登れるところを我々は6時間かかって登った。


でも、いつも嫁さんに言っている。「山で競争しても仕方がない。登頂できなくてもよい。行けるとこまでいけばよい。人が一日で登る山に二日かけてもよいではないか。」と・・・




撮影機材

Panasonic Lumix DMC-FT1