2010年3月13-14日
八ヶ岳


540_1020597

遠くの山と近くの山・・・

PHOTO GALLERY

天気の不安定な週末、どこも土曜日は悪そう。紀伊山地では、雨の夜になるかもしれない。湖北方面も今一、そんな中で八ヶ岳周辺は、少しましそう。八ヶ岳なら赤岳ということになるのかもしれないが、物事順番だろうと今回は天狗岳を目指した。


540_1020055

今日は黒百合平までなので、11時に渋ノ湯からスタート。


540_1020125

湿った雪の降る中、穏やかなルートを登って行く。


540_1020143

寒い景観だが、歩いているとめちゃめちゃ暑い。


540_1020190

ガスの先に何かあるのか、全く見えない。


540_1020195

黒百合ヒュッテのある黒百合平に到着。


540_1020227

意外に狭くてテントを張るのに良さそうな場所がない。
風もかなり強く吹いている。


540_1020217

そんな訳で、少し離れた空いたところにテントを張った。


540_1020218

Black Diamondのテントは、入り口が大きく開き開放的。中も広くてゆったり。


540_1020242

カフェオレを入れてソーセージを焼いておやつタイム。
前室の無いシングルウォールのテントでは、冬場の食事は基本的にテント内。
上部を少し明けておけば、風通しがよく換気も十分。


540_1020247

腹も落ち着いたので、雪を溶かして水作り。


540_1020259

次にご飯を炊く。
隙間から湯気が噴き出していい匂い。


540_1020277

チタン鍋の「極」は、かき混ぜたり飯炊きもテクニックがいったが、アルミ鍋の「焚」は、ほっとくだけで簡単に飯が炊ける。


540_1020271

鍋を食って、


540_1020283

残り汁に飯をぶち込んでフィニッシュ。
ストーブは、snow peak ギガパワーLIストーブメタルクラブ。この冬、大活躍してくれた。
ガス缶をひっくり返して使う液だしストーブで、気化熱による冷えがなく最後まで安定して燃焼する。(ガソリンストーブの燃焼に近い)あまり話題にならないが、スノーピークのストーブは、調整ノブの回転角が大きく、とろ火がしやすいのも特徴だと思う。山屋ではなくキャンプ屋たる所以か。


540_1020286

3時には目が覚めてしまった。
嫁さんは、Adrenalineに埋もれて爆睡中。息のかかる部分が少し凍りついている。
ちなみにシュラフカバーは使わない。
思ったよりも寒く、テント内温度マイナス9度、時計を外に出すと弥山の時のようにマイナス10度で止まっていた。


540_1020302

よい天気になった。
飯を食って、天狗岳へ出発。


540_1020319

中山峠に出ると東側に雲が湧いていた。


540_1020364

そして、これから登る東西の天狗が姿を現す。


540_1020373

風が強いので、嫁さんは早くも完全防備。


540_1020403

雲の向こうにまるで蜃気楼のように浮遊する北アルプス。ん〜、素晴らしい。


540_1020406

太陽がどんどん高くなり、色が変わってくる。


540_1020426

稜線は、下から見るよりも太く問題のないルート。


540_1020438

風に負けないように登っていく。


540_1020453

高度が上がって、さらに風が強い。嫁さんはこの風が苦手らしく、テンション下がり気味。


540_1020479

ロープで繋いだガイド登山らしきパーティもたくさん登っている。


540_1020507

天狗ノ鼻への急斜面


540_1020527

アイゼンをきかして登る。
強風で飛んでくる氷の粒が顔に当たって痛い。コンタクトレンズも飛びそうになってきた。
私もさすがに観念し、この上でプロテクトグラスを装着。(眺める色が変わるのは許せないのでクリアータイプ)


540_1020540

素晴らしい天気、素晴らしい眺め。


540_1020567

東天狗山頂へ。


540_1020582

風が強く狭い山頂、相変わらず遠くに浮遊する北アの稜線が素晴らしい。


540_1020592

左のピークが阿弥陀岳かな?


540_1020615

吊り尾根を降って西天狗へ。


540_1020618



540_1020646

西天狗は穏やかな山容、急斜面だが広い。


540_1020650

空に向かって飛び出していく。


540_1020688

西天狗の山頂は、広くて快適。こっちの方が標高が高いのに何故か風が弱い。
時間がたって風も治まってきたかも。


540_1020715

西天狗からの降りも良い眺め。


540_1020738

下山は、コースを変えて天狗ノ奥庭方面へ。


540_1020764

凍りついた擂鉢池、その上を歩くのはなんとも微妙な感覚。


初めての八ヶ岳、素晴らしい山行だったのは間違いない。ただ、嫁さんはちょっと不満そうで、私も同じ思いを持った。

季節的なこともあると思うが、白に包まれる感じに乏しく、独立した山の森林限界から上は、広がる大きな展望とは裏腹に殺伐とした生命感のなさを感じてしまう。やはり森が好きなのかもしれない。そして、開発された山は、日常からの隔離感にも欠ける。


贅沢な悩みだと思うが、あの近くても深い大峰の山たちは、ある意味ずっと厳しく素敵だった。そんなことを想いながら帰路についた。でも、まだまだ知らない八ヶ岳、何かを見つけにまた訪れてしまうだろう。




撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GF1
Panasonic G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.