2008年4月26日

奈良県 川上村 上多古川 大栃谷

 

540_dsc5672.jpg

Nikon D300  TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] 

 

その大滝は、林道の終点近く、木々の間から対岸奥に遠望できる。まだ見ぬ全貌を観に大滝に迫ってみた。

 


 

久しぶりにR169を走る。山々の新緑が美しく、上の方には山桜も見える。街道沿いにはシャガの群生が咲き乱れ、春色一杯の風景が気持ちよい。上多古林道がダートになる手前に駐車、歩いて大滝を目指す。途中の無名滝もなかなかの水量で落ちていて美しい。やがて対岸に大滝を確認、その手前にも水量が少ないながらも長大な滝らしい頭が見えた。

 

適当なところを上多古川に向かって降るが、久しぶりでもあり足下が定まらず、危なっかしく進んで上多古川本流に降りた。天候は眩しいくらいの好天で、川も結構勢いよく流れている。まずは対岸大栃谷出合いの小滝のところまで行かねばならないが、足下を濡らすのがいやだ。いろいろ思案するも無理そうなので、流れに足を突っ込んで徒渉した。今度は大岩から降りるのに困ったが、残置ワイヤーを発見し、これを利用してぶら下がり何とか小滝前に到着。何でもなさそうに見えたが最初から以外と苦労した。

 

540_dsc5829.jpg

Nikon D300  TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] 

 

小滝のところから大栃谷左岸大岩の隙間のガレを登って行く。すると2条に落ちる美しい滝があり、奥にはもう大滝が見えている。新緑がきらきらと輝き、水、樹木、岩等々あたりはその香りで満たされているようだ。

 

540_dsc5615.jpg

Nikon D300  TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] 

 

左の岩をよじ登っていくと大滝が全貌を現した。斜光が流身に差し込みコントラストの強い景観だが、ここでも輝く新緑が包んでいる。

 

540_dsc5770.jpg

Nikon D300  Tokina AT-X 535 PRO DX 

 

帰りは、右岸の樹林の中を進むと本流が見えてきたのでショートカットで行けるかもと思ったが、垂直の壁に阻まれ、結局出合いの小滝のところに戻った。上多古川本流から上流を見ると滝らしきものが見えたので、そのまま遡上する。すると上に鉄の橋が見えてきて、正体はその下に落ちる小滝だった。

 

林道終点の広場に詰め上がると、矢納滝からの水が新緑と苔に包まれて流れている。その姿はあまりに美しく、大峰に春の訪れを告げていた。

 

540_dsc5879.jpg

Nikon D300  TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]

 

540_dsc5933.jpg

Nikon D300  TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]