2010年5月1-2日
三重県 紀北町 往古川 真砂谷


540_1020310

頂上へ・・・

PHOTO GALLERY

八町滝、それは小木森谷の一本南、真砂谷に落ちるもう一つの大瀑。

その滝は、アプローチが遠く、たとえ近づけたとしても高い岩壁に囲まれ容易に人を寄せ付けない。


小木森滝の興奮さめやらない翌日、八町滝に挑むのは、滝を愛する素敵な面々。

WATAさんあっきーさんはんぺんさん、それにふぇるめーるさん瑠璃さんが加わった合計6名。


花抜峠を越え、小木森谷源流域を回り込んで八町滝の左岸上の尾根へ、ここから400mを滝下へ向け降下。そのルートは、やはり厳しく、左へ行ったり、右へ行ったりと簡単にはいかない。弱点をついての降下を続け、開始から3時間近くかかって最終地点へ到達。そして最後は、本当にここしかないという岩をピンポイントで降りて真砂谷の底に立った。


そこは、大岩ゴロゴロの荒涼かつ巨大な景観が広がり、飛沫と水煙が広がっていた・・・


540p1000247

樹林の中を降下中、見えないルートを行くので的確なルートファインディングが必要。


540p1000259

降下途中から八町滝、やはりでかい!


540_1020352

上部から飛び出した水が下部の岩で砕け、近付けば凄まじい迫力。


540_1020394

逆光線を透過させた流身は、めまぐるしく表情を変え、いくら見ていても飽きることがない。


540_1020361

飛沫が飛び散り、写した写真は殆どがボツ。


540_1020530



540_1020559



540_1020481

右岸側からは、やや穏やかな表情を見せるが、そこから続く岩壁は圧倒的。
滝下で寝る予定だったが、6人が過ごせるようなところはなく、ゆっくりする間もなく水を汲んで登り返すことに。


540p1000276

登り返しでルートを誤り、やや強引に進んだが、無事稜線上に戻った。(冗談抜きにきつかった。)
目星を付けておいた広い場所にテント(ツェルト)村を形成。
やや冷えたが、楽しい滝談義は尽きることがなく、瞬く間に夜は更けていった。


540p1000287

翌日は、奥の大滝を目指す。
ルートさえ誤らなければ、傾斜の緩い降下。


540_1020669

50mとも70mとも言われる奥の大滝もなかなか立派。
八町滝のような瀑水ではないが、その水の流れは美しく、落ち着いた癒しの空間。


540_1020756

美しい滝壷に光が差し込み、透明感を際立たせてくる。


540_1020676



540_1020824

源流域に近いこの滝は、まさに秘瀑中の秘瀑。
そこに流れる美しい水を汲んで、名残惜しくも滝を後にした。


「滝壷へ」、そのたった一つの目的にかけるメンバーの情熱は素晴らしく、私など、まだまだあまい。それは、滝ヤにとって頂上を踏む行為に等しいばかりか、名だたる頂よりも遥かに価値があるものかもしれない。


八町滝、それはまさに頂中の頂、そこへの挑戦は苦しくも楽しく、また決して忘れ得ぬ印象深いものであった。

素晴らしき「滝サミット」にバンザイ!


今回も同行いただいた皆さん、どうもありがとうございました。
また、小木森に続いて三重の汚点さん、もりもとさんの足跡を辿らせていただきました。重ねて感謝申し上げます。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH1
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT1