2008年4月26日

奈良県 上北山村 向谷

 

Nikon D300  TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] 

 

R169、上北山村道の駅を過ぎサンギリ林道を行くと、橋の下に美しい大滝が見える。その名も無い滝は、大きくまたかなりの美瀑だ。角度を変えてよく見ると、上にも三段の滝となって流れている。滝前からの眺めはどんなに素晴らしいだろうか。林道から滝下への降下を試みた。

 


 

上から下を見ると壁が立っており、簡単には降りれそうにない。橋下からルンゼ状になった上部は何とかなりそうと思い、橋の山側の隙間から橋下を潜ってアプローチを開始。落石の巣のような狭い急斜面をズルズルと降っていく。ルートを探して慎重に進んでいくと、滝の流身が真横に見えてきた。

 

Nikon D300  Tokina AT-X 535 PRO DX 

 

さらに苦労しながら降ると、もう谷底がそこに見えている。しかし、ここから先は、完全に壁が立っていて進めなくなってしまった。ホールドはありそうで、下からなら登れそうだ。「行くか」と何度も考えるが、やはり断念し林道へ引き返した。

 

Nikon D300  Tokina AT-X 535 PRO DX 

 

諦め切れずに林道少し先の小橋のところから下をみると、樹林帯になっていて、ここなら行けるかもとまたまた降下を開始。木から木へと飛び移るように降っていく。しかし、ここでも樹林帯が切れ、斜面のザレが下に続いている。今度も動けなくなり、またダメかと思ったが、少し下流側に別の樹林帯があり、そこまでトラバースすればさらに降れそう。身を低くして慎重に慎重にトラバースしていく。滑ったら下までの滑降が待っている。恐々ながらも移動に成功し、この樹林帯を少し降ると残置ワイヤーを発見。これを使ってどんどん降り、ついに谷底に到達した。

 

Nikon D300  Tokina AT-X 535 PRO DX 

 

下から見上げる大滝の姿はどうか。残念ながら素晴らしいとは言えない。林道近くの為かゴミがあるし、大岩の上にも太いワイヤーらしき塊がある。滝の上には林道が丸見えだ。滝の流れはさすがに美しいが、景観が伴わない。苦労して降りたが、上から観ているだけのほうが幸せだったかもしれない。

 

Nikon D300  Tokina AT-X 535 PRO DX