2010年7月25日
奈良県 十津川村 旭ノ川 宇無ノ川




沢へ行こう・・・

PHOTO GALLERY

昨年は行けなかった宇無ノ川、暑くなったら行こうと思っていたが、「私もついてったるわ」と嫁さん。付いてくるのか連れて行くのかよく分からないが、何故か沢道具は揃っているし、綺麗な宇無ノ川なら沢デビューにも最適、天気もよさそうだしチャンスとばかりに出かけた。


駐車地から廃林道に入りしばらくで赤滝、あいかわらず水量的にしょぼいが美しい滝だ。少し先の湧き水帯の水を飲むと冷たくてなかなかうまい。


壊れた作業小屋のところから川に降りると、もうそこは別世界。


慣れない嫁さんは、ちょっとびびりモードだが、思ったよりもスムースに進んでいく。


まだまだ日が差し込まず暗いが、テンション高そう。
初めての沢歩きに何を感じているのだろうか。


なんやかんやでスリングが大活躍。
いったい何回使ったことやら。

支流から落ちる滝を越えると大きな釜を持つ二段の滝。
ちょっと寒いが、あまりに美しく素晴らしい空間。
水量も多く勢いを感じる。


振り返ると先ほど越えてきた滝が美しい。



二段滝は、右岸から巻き上がっていく。
途中の岩に頼り無いひもがかかっていたが、危なそうなので先に上がってスリングで嫁さんを引っ張り上げた。



ようやく届きだした光が、宇無ノ川をさらに輝かせていく。


へつって淵を越えていく。
落ちてもドボンで済むので安心。


またまた支流から滝。


どんどん明るくなってくる。
豊かに流れる美しい水。あ〜、素晴らしい。


明るくなってテンションはさらにアップ。
とにかく嬉しそう。


ところが、前方には、立ち塞がる大岩。
ここも巻かずに岩の隙間を登って嫁さんを引っ張り上げた。


谷が狭くなり沢らしくなってくる。
ここは、左の岩の下を潜り気味に登っていく。


そして、雨滝の登場に歓声を上げる。


しょぼいと聞いていた雨滝だが、そんなことはなく立派な姿で、嫁さんも私もこの滝が気に入った。






特徴のあるおでこのような岩盤から放射される水が大きく広がり、寒い程の風が吹き抜け、清涼感満点の空間を作り出している。


白藤滝も近いはず、さらに谷を詰めていく。


ドドーンと白藤滝


狭いところを進んで滝前へ、飛沫を浴びながらの撮影。


豊かな水が弾ける。


胎内くぐりまで戻ってきた。
往きは真っ暗だったが、明るくなって流れていく透明な水がよく見える。




最後にあの大滝が二本落ちる絶景空間へ、さっきまで降っていた雨のためか、もやがかかり幻想的。


帰路は天気が急変し、ゴロゴロと雷がなり雨の降る中を戻った。二段滝の巻き降りでは、念のためロープを出した。嫁さんは懸垂下降ができないので、ロープを結んで上からテンションをかけて降ろしたが、大げさながらもやってよかったと思う。やはり落ちたらシャレにならない。珍しく大滝の下で二人並んで記念撮影なんかしたりして、嫁さんはことのほか満足そうだった。

宇無ノ川、そこは類まれなる美しさ。広く傾斜が緩く、豊かな水と戯れることのできる大峰の癒しの地。素晴らしい一日に感謝。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH1
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT1