2010年10月8-9日
北アルプス




剱の裏へ行きたい・・・

PHOTO GALLERY

裏剱、それは、「岩と雪の殿堂」という言葉が最も相応しく、ネイチャー写真を志した者なら一度は憧れたことがあるだろう場所。ピークは踏まずとも、そこには、素晴らしい山岳風景が待っている。

今回は、そんな絶景と紅葉を求めての山旅を計画した。一日目に室堂から剱沢のテン場。剱を見ながらゆっくりとテント泊を楽しむ。二日目は、剱沢を降って池ノ平まで。仙人新道から見えるだろう三の窓雪渓と八ツ峰の大絶景に期待がふくらむ。三日目は、仙人池に映る裏剱を見て、雲切新道を降る。最終日に欅平に抜けるか黒部ダムへ行くかは、その時しだいということにした。

8日の夜、雲ノ平の時と同じ
「寝台急行きたぐに」乗って富山へ。富山から電鉄富山、立山ケーブルカー、高原バスと乗り継いでようやく室堂に到着。



明日から天気が悪くなるかもしれないが、室堂は素晴らしい青空。ただ、枯れたチングルマが目立ち、紅葉にはちょっと遅かったか。みくりが池から地獄谷コースへ、嫁さんは自分の影を写して喜んでる。



雷鳥沢も遠目では冴えないように見えたが、近付いてみるとびっくり。素晴らしい眺めが目の前に展開していた。





雷鳥沢の紅葉を楽しんだ後、別山乗越へと登っていく。登り出しても素晴らしい景観が続き、下から見てよし、上から見てよし。秋の饗宴をたっぷりと楽しんだ。















剱御前小舎に着くと剱御前が見えるが、向こうは雲がかかりちょっと冴えない。



剱沢のテン場まで降るとますます雲が厚くなってくる。一瞬だけ剱が見えたが直ぐに雲に覆われてしまった。ここで幕営するつもりだったが、時間が早いし行けるとこまで行こうとそのまま前進。



剱沢に入ると、そこには見たこともないようにさえ思える驚きの空間が広がっていた。荒々しい岩稜をバックに剱沢を染めゆく眺めは、筆舌につくしがたく、それは、大自然の作り出す夢のような別世界。



















そして大雪渓が近付き、ルートは雪渓上へ。まだまだ紅葉が続く素晴らしい景観を見ながら慎重に降りていく。


平蔵谷








長次郎谷



雪渓の下から流れ出す水が見え始めると真砂沢出合まで後少し。ふり返って剱沢を見上げて今日の日に感謝。





そして、インゼルハオス「真砂沢ロッジ」に到着。



ご主人が迎えてくれて、あたたかいお茶を入れてくれる。明日の天気を確認してくれたり、雨が降るからテントは少し高いところに張ったほうがよいとか親切なアドバイスが嬉しい。小屋前は、降ってきた剱沢が見える素晴らしいテン場。なんと貸し切り状態。



カフェオレを飲んでめしを食っていると、山ガールの二人組、そしてクライマーらしき二人組がテントを張って、結局三張りで夜を迎えた。



雨が降ってきて、明日以降はもうダメかもしれない。でも、今日一日でもう大満足。深い山の懐に抱かれるといった感じで、心地よい眠りに落ちた。

朝になっても雨は降り続き、今日の行動がなかなか決められない。小屋の主人が、「明日も天気は回復しない。こんな時に無理をしてもしかたがないよ。」とアドバイスをくれる。それを聞いてハシゴ谷乗越を越え黒部ダムへ撤退することに決定。

ここのご主人は、佐伯成司さん。知らなかったが、帰って調べると凄い方でびっくり。そして、登山者の安全を願う本当によい方だ。また絶対に来たいインゼルハオスを後に剱沢をさらに降っていく。



剱沢を渡り黒部ダムへと方向転換。



待っているのは、樹林帯の急登。



高度が上がると濡れてしっとりとした紅葉が美しく、雨に打たれた心を癒してくれる。



その名のごとくハシゴが続く急登を登り乗越へ。



するとガスが流れて大きな山塊が見えてきた。後ろにかろうじて見えるのが剱だろうか。



乗越を過ぎても美しい紅葉が続き、下にはなにやら平坦で美しいところが見える。内蔵助平だ。









内蔵助平からも見上げるカールの紅葉が美しい。少し遠くてうまく写らなかったが、肉眼では本当に美しい色々が散りばめられていた。





ここからは、黒部川まで最後の降り。ハシゴやロープが出てきて、まったりとはいかない。









そして、黒部川へ。天気がよければ、阿曽原から辿っていたかもしれない最後の道をトボトボとダムまで歩いて行く。





初めて見る黒部ダムは、観光放水中。対岸へ木の橋を渡りターミナルまで登って終了。





「天気よ、なんとか保ってくれ」と願い突撃したが、今回も撃沈。それでも剱沢を彩る紅葉は、ありえないような素晴らしさで、目的をかなえてくれたように思う。

剱の裏は、もう終わってしまうだろうが、下ノ廊下は、これから盛りを迎える。もう一度来ようとリベンジを誓い帰路についた。

しかし、しかし、これを書いてる今日がそのリベンジの日。台風でまた来年以降になってしまった。



撮影機材


Panasonic Lumix DMC-LX3
Panasonic Lumix DMC-FT1