2010年10月17日
奈良県 天川村 弥山川




弥山の壺・・・

PHOTO GALLERY

テラスから見る圧倒的な双門大滝。しかし、その滝壺は、垂直に聳立する大岩壁に守られ、険悪な弥山川ゴルジュを突破した数少ない者のみがそこに立つことを許される聖域。

そこにはいったいどんな世界が待っているのか、妄想することしかできなかったが、その妄想を現実へと変える時がやってきた。

短い秋の日のこと、まだ暗いうちから熊渡を出発、そして薄明るくなってきた白川八丁を歩いて行く。



ガマ滝を越えると、いよいよ弥山双門ルートのはじまり。


モト中さん、何ぶら下げてんの。


木の根っこが無数にはり巡る強固な大地と豊かな森は、弥山の水の源。明るい川底とも相まって、その水は極めて美しく、少々の雨程度では、決して濁ることがない。



大岩ポイントを過ぎると、まもなくで一ノ滝、二ノ滝が見える大きな岩盤上。小休止で先を急ぐ予定だったが、なぜか大休憩。





スーパー沢屋がゴルジュを越えた後は、双門大滝の下からルンゼを登って登山道まで達するという。それならば、そのルンゼを下降すれば、行けるのではないか。ただ、沢屋の中でも超スペシャリストが登るルンゼは、どんなものかは全く分からず、実現は簡単ではないように思えた。(事実、簡単ではなかった。)

しかし、またしてもスーパーな関東組の滝屋が、この難関を越えることに成功。滝オフで知りあったひこさんと我々も行こうと機会をうかがっていたわけだが、関西中心のメンバーの多い某コミュニティを率いる痛モト中さんが加わり三人でのトライとなった。

吊り橋を渡ると剣城と呼ばれる絶壁につけられた梯子、鎖場のおなじみのルート。



モト中さんの辞書には、「疲労」という文字はなく、グイグイと突き進んでいく。ひこさんは、軽快な身のこなしが素晴らしく、二人とも特徴的かつ強靱な身体能力を持っている。





「待ってくれ〜」と心の中で叫びながらもついていくと、あっという間にテラスに到着。



今日の双門大滝は、紅葉が美しく彩り、水量もそこそこあっていい感じ。まだ見ぬ仙人ぐらの底には、何があるのだろうか。

ここから下降ポイントを探して移動、対面の頂仙岳方面の綺麗な紅葉も見える。



そして、期待と不安の入り交じる中「さあいくぞ」と下降を開始。



最初は、そうでもないが、だんだんと傾斜がきつくなってきて、急峻なルンゼに吸い込まれていく。なんとか降れるものの崖の上で行き詰まってしまい、右へ左へとガレ場のトラバースを繰り返しながらの慎重な下降が続く。



そして左に樹林帯が現れ、何となくこの樹林帯を伝って降りていけば、より安全にいけるのではないか、そう思って偵察しながら進んでいくと、やがて川底の流れが見えてきて喜んだが、そこはなんと、双門大滝の落口の上だった。直ぐ先には、三鈷滝も見える。

しかたがないので、先の樹林帯の切れ目まで戻って、ガレの続くルンゼをさらに下降。とにかく岩がもろくて落石の巣窟で危うい。固まって通過したり、一人ずつ通過したりと事故のないように降りていく。



そして、ルンゼを降りきって大岩の上に立つが、その先はスッパリと切れ落ちていた。



ここからは、弱点を探りながら上流方向へトラバース。やがて双門大滝が見えてきて大興奮。最後の難所を懸垂で慎重に降りて、滝壺へと到達した。



本当に夢のようだ。そこにあるのは、双門大滝以外のなにものでもない。下からでは、段瀑になっている滝上部は全く見えないが、そんなことはどうでもよい。なにより、その透明極まりない水が素晴らしく、大きく深い滝壺に吸い込まれていきそうだ。







大滝と仙人ぐらの圧倒的な壁もここからではやけに縮こまって見えるが、逆にもの凄い存在感で迫ってくる。

さいはて感や秘境感も尋常ではなく、紀伊の滝を愛する私としては、まさに神の領域に足を踏み込んだようにさえ思えてくる。











一方で、若い二人は、先ほどから何やら忙しいと思っていたら、こんなとこでも楽しむことを忘れない。撮影で動き回っていても寒いんやけど。









気がつけば、二時間も経っている。名残惜しいが、帰らねばならない。取り付きを登りながら何度もふり返って感動を焼き付けた。

苦しい登り返しの途中からは、ガレ場を避けられるルートを見つけ、下降点と違うところに飛び出した。


帰りもモト中さんがグイグイと引っ張ってくれ、無事下山。





夕暮れの白川八丁を行く若い二人。これからも楽しみ。


人が行くことができないところ、いや、人が行ってはいけないところ。双門滝の下とはそういうところだと思っていた。

もう何も言うことはありません。ただただ、すべてのことに感謝するだけです。

同行いただいたひこさん、モト中さんありがとうございました。そして、先駆者のB A Lさん、はんぺんさん、もりもとさん、今回もありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH1
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-LX3