2010年10月24日
兵庫県 養父市 八木川




氷ノ山の秘瀑・・・

PHOTO GALLERY

氷ノ山の麓にMATSUさんの呼びかけで滝好きが集まった。メンバーは、双門の壺へ一緒に挑んだひこさんとモト中さん、そしてカオリちゃん、がぶんたちゃん、まいちゃんの女子軍団、MATSUさんは、遠く栃木からの参加。

先ずは八木川左俣の不動滝を目指して親水公園をスタート。遡行しても面白そうだが、いろいろと条件を考え今日は上からのアプローチ。



不動滝は、登山道から見える一般的に不動滝とされている滝ではなく、本当はもう少し上流にあるらしく、あまり知られていないらしい。あいにくの天気だが、滝計画を明るく遂行するのがモットーのメンバーは、そんなことは全く気にすることがない。


ルートの相談中?



そして、川に降りて藪を漕いで最後は、懸垂で滝前に到達。



落差30m程の不動滝は、なかなかの美瀑で、優雅な流れはもちろん力強さも備わっている。静かで秘境感が漂う中、美しい流れが通り過ぎていく。











なかなか決まらない記念撮影を楽しんだりしてゆっくりとくつろいでいると、ついに雨が降ってきた。



上から見るのと下から見るのとでは感じが違う。降りてきたところと違うルートで大きめに巻き登って滝上に戻った。



次は、登山道を降って右俣に入り布滝が見える橋の上へ、前衛の滝の向こうに60mの布滝が見えるが、木々に隠れてしまっている。



布滝の下に行くには、前衛の滝を越えていく必要があり、モト中さんが谷に降り、ルートの探索をしてくれて、なんとか行けるみたいだ。しかし、雨がどんどん強くなってきて、どうしたものか。

MATSUさんが、「行きたい人?」と聞くと「は〜い」と手をあげたのは、元気な三人の女子たち。「よし行くか」と再スタートしてズルズルの斜面を巻き登っていく。



最後は、またまた懸垂下降で安全に滝下へ。





大きな布滝も下からでは上部はよく見えない。しかし、壁を伝う流れは、不動滝よりもさらに優雅で美しい。



雨であまりゆっくりもできなかったが、その素晴らし滝姿を楽しんで撤収。



一人では決して思いつかない地と滝に行くことができたのは、滝好きなメンバーとの出会いがあってこそ。短いながらも楽しい一日を過ごせたことに感謝。

ご一緒していただいた皆さん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH1
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

Panasonic Lumix DMC-FT1